ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~ 作品情報

ほったらけのしまはるかとまほうのかがみ

大人が年月と共に忘れてしまった大切なモノを思い出させてくれる感動作

幼い頃に母と死別した女子高生・遥は、不在がちな父との関係も少しギクシャクしていた。そんな日常から逃れるよう武蔵野の祖母を訪ねる途中、遥は子供の頃に遊んでいた神社で不思議な光景を目にする。小さな“きつね”がおもちゃのゴム式飛行機をどこかへ運んでいるのだ。きつねを追って森に入った遥は不思議な水たまりに引きずりこまれ、不思議な世界に迷い込んだ。そこは「ホッタラケ」を集めて暮らす住人が住む世界だった…。

「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」の解説

東京・武蔵野にある神社にまつわる伝説をベースにした物語。本作の持つ不思議な世界観を表現するために『イノセンス』などで知られるProduction I.Gとフジテレビが提携して新スタジオをオープンし、3年間の準備期間を経て作成された。東京郊外の素朴な風景と、様々な「ホッタラケ」で構築された不思議な世界を美麗なCGアニメーションで見事に描いている。キャスティングも人間には俳優、ホッタラケ島の住人には声優を配置。さらに、台詞を先に収録してそれにあわせてアニメーションを制作するプレスコという手法が取り入れられている。日本人ならではの、細部にまで丁寧にこだわりぬかれた映像・演技・演出が楽しめる心温まる一作だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月22日
キャスト 監督・脚本佐藤信介
脚本安達寛高
キャラクターデザイン石森連 ヒラタリョウ
主題歌スピッツ
声の出演綾瀬はるか 沢城みゆき 戸田菜穂 大森南朋 谷村美月 家弓家正 松元環季
配給 東宝
制作国 日本(2009)

(C)2009 フジテレビ・Production I.G

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、6件の投稿があります。

P.N.「たまま」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-09-27

娘の付き添いでイヤイヤ行ったにも拘わらず…号泣でした。ストーリーも良かったし、CGの色使いの綺麗さに見入ってしまいました。あと、遥役の綾瀬はるかさん。本当に上手かったです☆違和感がなかったです。

最終更新日:2019-11-14 13:22:45

広告を非表示にするには