余命1ヶ月の花嫁 感想・レビュー 44件

よめいいっかげつのはなよめ

総合評価3.7点、「余命1ヶ月の花嫁」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「50代の男性です。」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2019-03-21

ストーリーは良いのに、榮倉奈々の健康的な色黒な顔が全くこの作品には合わなかった。
人がガンで死ぬのを見てきたから本当に違和感かあります。
完全なミスキャストだと思います。

P.N.「キラキラ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-07-29

友達2人と見に行きました。
結婚式のとこからめっちゃ泣き感動でした。
この映画は本当に命の大切さを教えてくれるすごい映画だと改めて感じた…。
主演の栄倉さんの演技もなかなかよかったよ。

P.N.「まき」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2009-06-25

本当にあった切なく悲しい話なのであまり変な事は言いたくないんですが…
一つの映画としてはビミョー…。
病院のシーンに入る前の恋人同士のラブラブ感。あの手のラブラブな感じってほんとに日本人って似合わない。

P.N.「りゅうじ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-06-16

最近の俺に活を入れてくれる映画だった。生きてる意味とか人の人生の中で尊ぶべき物や事を心の隅でずっと考えてたから。チエさんの伝えたい思い以外にも俺は人の生き方や家族・友人のつながりの大切さについて考えさせられた。今旬のエイタくんやナナさんの演技もグッときた。現代の世知辛い世の中に希望を与えてくれてる。チエさんの使命だったんじゃないかと‥

P.N.「なな」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2009-06-16

う~ん…実際のドキュメントや本を読んだ私は、映画の浅さにしらけてしまった。 観るまではすごく期待して行ったのに…。
映画だけのエピソードや、展開の早さに、少し悲しくなった。
闘病のシーンも何だか軽く感じられ、ガンに侵されていた千恵さんの苦しみは、あんなもんじゃないと思う。
実際にあった話ではなく、映画としてなら、もっと感情移入出来たのかも。

P.N.「わーたん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-06-14

今日観てきました!
映画が始まってからすぐなぜかポロ②と涙がでてきてしまいましたm(__)m
たぶん自分の中の大切な人と重ねてみてしまっていたのかもしれないです。
病気は怖いものだし、とてもやりきれないストーリーだけど最後には何か心にあったかさをくれる映画だなと思った。
感動しました。

P.N.「ヨリ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2009-06-11

映画を観た方 本人と、観てない友達・家族にも、検診に行く必要性を説きたい。 乳ガンの傷跡は かなりショッキングだし、抗がん剤の治療もかなりのものがあるが、早期発見が大事なのだ。 チエさんと、チエさんを支えた周りの方々の事を忘れずにいることで、この映画の意味は大きいと思う。

P.N.「あゆぴん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-06-07

ずっと泣きっぱなしでした

実際のお父さんの顔が映画中ずっと浮かんできて、それで泣いてしまった。
やりきれない表情のお父さんの顔がなんとも辛かった

P.N.「まり」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2009-06-07

ドキュメンタリー番組を観た上で鑑賞した。
内容は本当に浅い。というか、千恵さんの伝えたい事よりも、太郎さんや友達を良く見せて、美談に持って行きすぎていると感じた。
特に、指輪を雨の中探し回ったシーンは、本当の事であっても別に語る必要がない。
これは単に太郎さんのイメージアップを狙っているだけだと思った。

果たして、千恵さんの本当に伝えたい事が映画に反映されているかが、とても疑問です。

P.N.「まみゴン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-06-07

2回見に行き来週3回目見に行きます(笑)
何回見ても同じ場面で号泣します☆
太郎チャンの優しさ、愛情、ちぇの健気さ、周りの人達の思ぃゃりに涙涙涙。。。

皆に薦めまくってます♪

P.N.「なるなる」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-06-05

余命の一ヶ月の話しは、とても悲しい話で、私は最後の場面で泣きそうになるんですか、私も悲しい時や辛い時もあり、余命一ヶ月は、再放送で見ました、これがもし、映画になったら見ている皆様方も感動する場面で泣きそうになる人もいるでしょ。私は感動的な映画が大好きです。でも泣かせるほどの聞いていつもより泣きそうになります。是非、皆さん見てごらん下さい。

P.N.「ちぃ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-05-31

主役のお二人はもちろん、父親役の柄本さんの娘を思いやる姿に涙(T_T)

P.N.「森」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-05-30

役負けしてたとありますが、同じ年代の女優が演じるから、むしろ現実味が伝わってきます。

P.N.「まい」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2009-05-28

クライマックスの二人の演技には泣かせて頂きました。でも、榮倉奈々さんの闘病生活の演技は役負けしてた気がしてならなかったです。榮倉奈々さんにこの役はまだ早かったかと

P.N.「森」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-05-25

この映画は、あまり世間に知られていない若年性の乳癌の恐ろしさや、たとえ乳房切除して外見は変化しても、千恵さんと太郎さんの不変の深い愛情が テーマだと思います。だから、
どんな想いで太郎さんが映画化に同意したのか、心静めて 考えてほしい。

P.N.「ママ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-05-24

ユーザーの中に、千恵さんのお父さんの気持ちも表現してほしいとありましたが、千恵さんが臨終をむかえたとき、普段無口なお父さんが一粒の大きな涙を流していました。その姿から、千恵さんもそしてご家族も、言葉では表現しきれない壮絶な闘病生活だったにちがいないと充分 感じとれます。

P.N.「ねね」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-05-22

以前放映されたドキュメンタリー番組を見て、とても感動しました。
映画は、榮倉さんと瑛太さんのナチュラルな演技に千恵さんと太郎さんを思い出し、自然と涙が出てしまいました。
ただ内容がはしょられていましたので、ドキュメンタリーを見ていない方には本来のメッセージが伝わりづらかったのではと思いました。千恵さんのお父さんの気持ちや、お母さんが闘病したときの気持ちなども表現してほしかったです。

P.N.「みい」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2009-05-20

文庫本を見て、映画も期待して見に行きましたが正直文庫本の方が泣けるし、2人の絆の深さなどがよく伝わってくる。
屋久島なんて行ってないし、嘘の話が入ってて残念でした。 映画化にするならラマ化にして実話通りにして欲しかったです。
でもJUJUの曲はすごくステキでした★

P.N.「ゆう」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2009-05-19

死ぬ病気で、相手が深く愛してくれたり、結婚式してくれたり、支えてくれるなら私も明日にでも死にたい
現実は、どうなのか、一生死ぬまで独り身で、千恵だけ思って、一度も千恵以外の女と付き合うこともなく寝ることもなくいられるのか実際あって太郎に言いたい

P.N.「カボチャ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-05-18

わたしは前にこの映画を見ました…。
泣けるわ泣けるわで、ボロッボロでした……
乳ガンと戦うその姿はわたしにとって生きる希望をもらったかのように思いました…

皆さん是非ともこの映画をみてください…

そして病気の皆さん、頑張ってください……。

最終更新日:2019-12-12 15:33:41

広告を非表示にするには