文学賞殺人事件 大いなる助走 作品情報

ぶんがくしょうさつじんじけんおおいなるじょそう

文学賞を受賞できなかった若い同人誌作家が、選考委員の作家たちを殺していく様子を描く

地方都市・焼畑市の大徳商事に勤める市谷京二は、ある日美しい大学教授夫人・時岡玉枝と知り合ったのが縁で同人誌「焼畑文芸」に参加した。メンバーは主宰者で貧しい文具店主・保又一雄、有閑マダム・山中道子、女たらしの文学青年・大垣義郎、文学少女・徳永美保子ら癖者ばかり。市谷は大徳商事の内幕を題材に「大企業の群狼」を書いて合評会に出席したが、同人誌のメンバーは足の引っ張り合いをする始末。しかし「大企業の群狼」は認められ、文芸雑誌「文学海」に掲載された。

「文学賞殺人事件 大いなる助走」の解説

筒井康隆の小説『大いなる助走』の映画化で、脚本・監督は「塀の中のプレイ・ボール」の鈴木則文、共同脚本は「徳川の女帝 大奥」の志村正浩と「団鬼六 妖艶能面地獄(1988)」の掛札昌裕、撮影は「ドン松五郎の大冒険」の米原良次がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木則文
出演佐藤浩市 甲斐えつ子 石橋蓮司 泉じゅん 水島涼太
制作国 日本(1989)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「文学賞殺人事件 大いなる助走」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-07-01 00:01:18

広告を非表示にするには