やくざ戦争 日本の首領 作品情報

やくざせんそうにほんのどん

鶴田浩二主演で放つ“日本版ゴッドファーザー”

西日本最大の組織を誇る中島組。その事務所に、新興企業グループの専務・島原が訪れたのは、昭和四十一年秋のことであった。首領である、佐倉に、社長のスキャンダル問題の解決を依頼。その代償として、西日本優良企業による、半永久的な献金組織を申し出た。企業と暴力組織の相互依存。しかし、中島組の若頭・辰巳は、あくまでも暴力による全国制覇の夢を抱きつづけているのであった…。

「やくざ戦争 日本の首領」の解説

全国制覇を目指す暴力団・中島組。政界・財界・右翼の大物とコネをつけ、組織強化を計る半面、二人の娘に手を焼く父親でもある組織の首領を描く。脚本は「沖縄やくざ戦争」の高田宏治、監督も同作の中島貞夫、撮影は「夜明けの旗 松本治一郎伝」の増田敏雄がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中島貞夫
出演鶴田浩二 林彰太郎 小田部通麿 野口貴史 千葉真一 成田三樹夫 西田良 尾藤イサオ 高並功 松方弘樹
制作国 日本(1977)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「やくざ戦争 日本の首領」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-16 14:20:12

広告を非表示にするには