ぼのぼの クモモの木のこと 作品情報

ぼのぼのくもものきのこと

のどかな森に暮らす「ぼのぼの」とその友だちが、スクリーンでみんなを癒してくれる

ぼのぼのが暮らす森の真ん中に、豊かに緑の葉をつけたクモモの木。クモモの木は、嫌なことや悲しいことを忘れさせてくれる不思議な木だ。ある日ぼのぼのは、クモモの木の下で毎日のように立っているフェレットのポポと知り合う。ポポは、誰かが迎えに来てくれるのをずっと待っているのだ、という。2人は友達になるが、その頃クモモの木の枝が折られる事件が頻繁に起こり、ポポが犯人だと噂されていた。ぼのぼのは急いでポポのもとへと向かうのだった。

「ぼのぼの クモモの木のこと」の解説

いがらしみきお原作の人気コミック「ぼのぼの」が、ゆったりムードそのままに再びスクリーンに登場する。「ぼのぼの」といえば何気なくも哲学チックで、不思議と人生の実をついたところが広く人気だけれど、今回もクモモの木がしっかりと「いいこと」を教えてくれる。のんびりラッコのぼのぼのやチョコマカ動くシマリス君、カンカン怒るアライグマ君に加え、もちろん策略家のクズリ親子や、深い言葉を放ってくれるスナドリネコさんも健在。

CGで描かれた動物たちのふわふわした毛並みは、思わず手を伸ばしそうになる。ちょっと感動できるお話と、ホッとするようなやわらかな色彩、ゴンチチの音楽とぼのぼのの「おぶおぶ」した動きが、じ~っくり心を癒してくれそうだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年8月10日
キャスト 監督クマガイコウキ
原作いがらしみきお
音楽ゴンチチ
声の出演上村祐翔 吉田小南美 山口勝平 小桜エツ子 森本レオ 立川談志
配給 アミューズ
制作国 日本(2002)

(C)いがらしみきお/竹書房、アイ・エム・オー、デジタル・フロンティア

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ぼのぼの クモモの木のこと」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:40:12

広告を非表示にするには