バロウズの妻 作品情報

ばろうずのつま

カルト作家ウィリアム・S・バロウズはなぜ妻ジョーンを射殺したのか?

1944年、ニューヨーク。ジョーン(コートニー・ラヴ)とバロウズ(キーファー・サザーランド)は、仲間とともに酒やドラッグに溺れる怠惰な日々を送っていた。そんなある日、友人のルシアン(ノーマン・リーダス)が誤って知人を殺害してしまう。1951年、結婚したルシアンとバロウズは麻薬で逮捕され、メキシコでの貧困生活を余儀なくされる。同性愛に走ったバロウズと、彼を愛し続けるジェーンの屈折した愛は、やがて悲惨な最期を迎える。

「バロウズの妻」の解説

『裸のランチ』などで知られるカルト作家ウィリアム・S・バロウズの妻ジョーンを主人公にした実話の映画化。同性愛者でもあるバロウズの奔放な愛、そんな夫をけなげに愛しながらかつての恋人への想いに揺れるジョーンの苦悩。バロウズがジョーンを誤って射殺してしまうまでの二人のねじれた関係を、『ディックの奇妙な日々』でサンダンス映画祭グランプリを受賞した新鋭ゲイリー・ウォルコウが綿密な調査に基づいて描き出す。バロウズの妻に扮するのは歌手でもあるコートニー・ラヴ。バロウズ、ケルアック、ギンズバーグら、後にビート・ジェネレーションのビッグスリーと呼ばれる人たちの間で一目置かれていた女性を、アンニュイなムードたっぷりに好演。純粋だけど刹那的な姿がはかなげで美しい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年6月23日
キャスト 監督ゲイリー・ウォルコウ
出演コートニー・ラヴ ノーマン・リーダス ロン・リビングストン キーファー・サザーランド
配給 M3エンタテインメント
制作国 アメリカ(2000)
上映時間 93分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「バロウズの妻」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:37:41

広告を非表示にするには