2019年9月 第4週の映画ランキング

今週のランキングは、『記憶にございません!』(東宝)が土日2日間で動員18万5000人、興収2億4700万円をあげ、3週連続で首位を獲得!

集計日付:2019年9月28日~9月29日

 今週の映画動員ランキングは、『記憶にございません!』(東宝)が土日2日間で動員18万5000人、興収2億4700万円をあげ、3週連続で首位を獲得。累計では動員179万人を突破し、まもなく興収23億円に届く。

  大作の封切りのなかった今週末は、2位以下も既存作品がしのぎを削る結果となっている。土日2日間で動員10万6000人、興収1億3000万円をあげた『かぐや様は告らせたい-天才たちの恋愛頭脳戦-』(東宝)は2位をキープ。累計では動員142万人、興収17億円を突破した。

  公開から11週目を迎えた『天気の子』(東宝)は、土日2日間で動員8万5000人、興収1億3300万円をあげ3位に浮上。累計では動員997万人、興収132億円を突破。昨年の公開以降未だロングランを続けるメガヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」を抜いて、歴代興収ランキング16位まで順位をあげている。

  女性層を取り込むことに成功した『人間失格 太宰治と3人の女たち』(松竹/アスミック・エース)も、今週4位と順位をひとつ上げ、累計では動員69万人、興収9億円を突破した。

  先週3位でスタートを切った『アド・アストラ』(フォックス)は今週5位となったが、興収は間もなく5億円に到達する。先週6位でスタートした『HELLO WORLD』(東宝)はその順位をキープ、先週10位でスタートした『アナベル 死霊博物館』(ワーナー)は2ランクアップの8位にランクインしている。

  新作では今野敏の人気小説を西島秀俊と西田敏行がダブル主演で実写映画化した『任侠学園』(エイベックス・ピクチャーズ)が9位に初登場。

  ほか既存作品では、7位の『劇場版おっさんずラブ -LOVE or DEAD-』(東宝)が累計で動員175万人、興収23億円を、10位の『ライオン・キング』(ディズニー)が動員460万人、興収65億円を突破している。

最終更新日:2019-10-08 15:30:01

広告を非表示にするには