2016年3月 第4週の映画ランキング

今週のランキングは、「少年ジャンプ」連載の人気漫画を実写映画化し、昨年3月に公開されヒットした「映画 暗殺教室」の続編『映画 暗殺教室 -卒業編-』(東宝)が319スクリーンで公開され、土日2日間で動員54万4641人、興収6億3919万3900円をあげ、初登場1位を獲得!

集計日付:2016年3月26日~3月27日

 「少年ジャンプ」連載の人気漫画を実写映画化し、昨年3月に公開されヒットした「映画 暗殺教室」の続編『映画 暗殺教室 -卒業編-』(東宝)が319スクリーンで公開され、土日2日間で動員54万4641人、興収6億3919万3900円をあげ、初登場1位を獲得。土日2日間成績では前作(最終興収27.7億円)を大きく上回り、40億円以上を狙えるヒットスタートとなった。最終学期を迎え、“殺せんせ-”の驚愕の過去を知った3年E組はクラス分裂を引き起こしてしまう。前作に引き続き主人公を山田涼介が演じるほか、二宮和也、菅田将暉、山本舞香、成宮寛貴、椎名桔平、知英、桐谷美玲が共演。監督も引き続き羽住英一郎が担当。

  3位には、DCコミックの2大ヒーローが激突する『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(ワーナー)が717スクリーンで公開され、土日2日間で動員23万1377人、興収3億7125万4400円をあげ、初登場。スーパーマン役をヘンリー・カビルが「マン・オブ・スティール」から続投し、バットマン役をベン・アフレックが演じているほか、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ジェレミー・アイアンズが出演。監督は「マン・オブ・スティール」のザック・スナイダー。

  「仮面ライダー」45周年記念映画として製作され、藤岡弘、が再び仮面ライダー1号/本郷猛役で主演した『仮面ライダー1号』(東映)が307スクリーンで公開され、土日2日間で動員12万3702人、興収1億5529万500円をあげ、4位にランクイン。ショッカーに狙われる女子高生・麻由に岡本夏美、猛のライバル・地獄大使に大杉漣、ノバショッカーのウルガに阿部力が扮するほか、西銘駿、山本涼介ら「仮面ライダーゴースト」のレギュラーメンバーが出演。

最終更新日:2018-08-22 13:58:01

広告を非表示にするには