2012年3月 第3週の映画ランキング

今週のランキングは、新作が多数公開されるも、『映画ドラえもん のび太と奇跡の島 -アニマル アドベンチャー-』(東宝)が3週連続首位を獲得!

集計日付:2012年3月17日~3月18日

 新作が多数公開されるも、『映画ドラえもん のび太と奇跡の島 -アニマル アドベンチャー-』(東宝)が3週連続首位を獲得。

 TOP10内は5作品が初登場。2位は『僕等がいた 前篇』(東宝/アスミック・エース)。高校時代から社会人にかけての切ない純愛を描いた人気少女コミックを、生田斗真と吉高由里子主演で前後篇2部作として映画化。全国295スクリーンで公開され、10代から20代の女性を中心に集客し、土日2日間成績は動員22万7930人、興収2億9531万3100円となった。

 続く3位は『映画 プリキュアオールスターズ New Stage みらいのともだち』(東映)。歴代のプリキュアが大集合する「プリキュアオールスターズ」シリーズの劇場版最新作。2012年放送開始のテレビシリーズ「スマイルプリキュア!」のキャラクターを含めた28人のプリキュアたちが活躍する。全国172スクリーンで公開され、土日2日間で動員17万5268人、興収1億9543万0500円となった。

 6位は『長ぐつをはいたネコ』(パラマウント)。大ヒットアニメ「シュレック」シリーズに登場する人気キャラクター「長ぐつをはいたネコ」こと‘プス’を主人公にしたスピンオフ映画。全国513スクリーンで公開され、土日2日間成績は動員11万7783人、興収1億6805万5050円となった。

 7位は『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(ギャガ)。イギリス史上初の女性首相を務め、その保守的で強硬な政治方針から「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャーの半生を、メリル・ストリープ主演で映画化。全国205スクリーンで金曜公開され、土日2日間成績は動員10万3102人、興収1億2250万3000円、オープニング3日間成績は動員13万4447人、興収1億5771万1300円となった。

 その他、SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズの3D化第1弾『STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D』(FOX)は8位にランクインした。

最終更新日:2018-08-22 13:50:24

広告を非表示にするには