『アンダードッグ』が日本映画優秀賞他、最多4冠達成!第75回毎日映画コンクール受賞作品・受賞者決定

『アンダードッグ』が日本映画優秀賞他、最多4冠達成!第75回毎日映画コンクール受賞作品・受賞者決定

国内で最も権威と実績、歴史のある映画賞「第 75回毎日映画コンクール」
の受賞作品と受賞者が決定した。日本映画大賞に輝いたのは、大森立嗣監督の『MOTHER マザー』。日本映画優秀賞には『アンダードッグ』(武正晴監督)が受賞し、男優主演賞の森山未來、撮影賞の西村博光、録音賞の藤丸和徳、瀬川徹夫と合わせて最多4冠を獲得した。
女優主演賞には『喜劇 愛妻物語』の水川あさみが輝き、男優助演賞には『罪の声』の宇野祥平が受賞、女優助演賞には『朝が来る』の蒔田彩珠が受賞し、監督賞の河瀬直美と合わせて『朝が来る』は 2 冠を獲得した。また、『許された子どもたち』の上村侑、『37 セカンズ』の佳山明にはスポニチグランプリ新人賞が贈られる。田中絹代賞は梶芽衣子が受賞となった。脚本賞は『一度も撃ってません』の丸山昇一、美術賞は『ばるぼら』の磯見俊裕、露木恵美子、音楽賞は『ミッドナイトスワン』の渋谷慶一郎が受賞。アニメーション映画賞は『魔女見習いをさがして』(佐藤順一、鎌谷悠監督)、大藤信郎賞は『音楽』(岩井澤健治監督)、ドキュメンタリー映画賞は『れいわ一揆』(原一男監督)がそれぞれ受賞した。外国映画ベストワン賞は『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ監督)が選ばれ、さらに特別賞は昨年亡くなった大林宣彦監督の妻であり、映画プロデューサーの大林恭子に決まった。映画ファンが選ぶTSUTAYAプレミアム映画ファン賞・日本映画部門は『ミッドナイトスワン』(内田英治監督)、外国映画部門は『TENET テネット』(クリストファー・ノーラン監督)が受賞した。なお、表彰式は、めぐろパーシモンホールで 2 月 17 日に開催が予定されている。

★日本映画大賞 『MOTHER マザー』 (大森立嗣監督)
★日本映画優秀賞 『アンダードック』(武正晴監督)
★外国映画ベストワン賞 『パラサイト 半地下の家族

★男優主演賞 森山未來『アンダードッグ』
★女優主演賞 水川あさみ『喜劇 愛妻物語

★男優助演賞 宇野祥平『罪の声
★女優助演賞 蒔田彩珠『朝が来る
★スポニチグランプリ新人賞(男性)上村侑『許された子どもたち
★スポニチグランプリ新人賞(女性)佳山明『37セカンズ

★監督賞 河瀬直美『朝が来る
★脚本賞 丸山昇一『一度も撃ってません
★撮影賞 西村博光『アンダードッグ』
★美術賞 磯見俊裕、露木恵美子『ばるぼら
音楽賞 渋谷慶一郎『ミッドナイトスワン
★録音賞 藤丸和徳、瀬川徹夫 『アンダードッグ』

★アニメーション映画賞 『魔女見習いをさがして』 (佐藤順一、鎌谷悠監督)
★大藤信郎賞 『音楽』(岩井澤健治監督)
★ドキュメンタリー映画賞 『れいわ一揆』 (原一男監督)

★TSUTAYAプレミアム映画ファン賞 日本映画部門 『ミッドナイトスワン
★TSUTAYAプレミアム映画ファン賞 外国映画部門 『TENET テネット
★田中絹代賞 梶芽衣子
★特別賞 大林恭子(映画プロデューサー)

最終更新日
2021-01-22 05:00:00
提供
映画の時間編集部

広告を非表示にするには