映画感想・レビュー 5/2227ページ

エルヴィス:P.N.「ヤックン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2022-08-06

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

エルビスの心搖さぶるその真実に涙。貴方こそが永遠のスーパースター。これからも貴方以上のスターは生まれないでしょう。だって彼が全ての始まりだから。これからもずっと貴方を愛し続けます。貴方の曲、貴方の心が私の人生に寄り添ってくれることでしょつ。エルビス、愛してます。ありがとう。

南極物語(2006):P.N.「わんこスター」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2022-08-06

率直な意見として、キビしいシーンが少ない分、感動少な目。
もっと事実に忠実に、自然や現実のキビしさを描いてほしかった。必然的に日本版のようにかわいそうなシーンは増えるだろうが、そこは映画なんだし、実際にワンコに不幸な思いをさせる必要がない分、事実のキビしさを描かないのはただの逃げであり、ただのキレイごとを描いているだけ。

バッテリー:P.N.「雪風」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2022-08-05

ポロポロ落とすキャッチャーが俺を信じろって無理やろ。林遣都さん仲野太賀さんはこれで共演してたのですね。天海祐希さんは全然変わらず、菅原文太さんは相変わらず渋い。高校じゃなく中学野球というのも、良かったですね。中学生に見えない生徒もいましたけど。

夏をゆく人々:P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2022-08-05

本篇がイタリアの絵本『百年の家』にインスパイアされたと知って,作風は異なるものの,バートンの『ちいさいおうち』にインスパイアされた映画が中島京子原作の山田洋次監督作品にも在ったことを想い出した

ブレードランナー ファイナル・カット:P.N.「命の重さ価値、愛がすべて、」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2022-08-05

この作品の魅了は、愛が貫かれている点でしょう?

原作の主軸を失わないように、
それでいて、人真似はしないと言うハリウッド映画らしい理念、アメリカンスピリット。

日本人は、とかく、原作、原作とこだわる余り、想像力が、乏しい。

この作品に注がれたたくましい、想像力を見習えば、邦画ももっと、世界に発信できるだろう?

アニメでできるのは当たり前、
人間が、想像力で築くから、素晴らしいイマジネーションを後世に継承できる。

命の重さ価値を問う、作品です。

キングダム2 遥かなる大地へ:P.N.「ぱり」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2022-08-04

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

40/100
原作マンガ読んでますけど、色々「?」部分を「まぁマンガだから」といって府に落とすことができない。
期待してない分ハードルは下げたにもかかわらず面白くない。
脚本に原先生関わってるよね?
マンガでは表現できないところを映像にしてマンガ越えられないってどういうこと?
まずもう出演者の年齢とか容姿は問題にしても意味がないのでそこはスルーします。
けどスルーできないところが多すぎて…。
真壁と田口いる?
伍長に説明セリフ言わせすぎ。
戦場にそんなゆとりある?
戦闘シーンが毎回同じ。
劇場版と割り切って改変してもいいだろ。
その他たくさん。
この映画のいいシーンは縛虎申が敵の将軍を倒すところと、豊川悦司が大沢たかおに「酒じゃ!」って言うシーン。
それだけ。

犬鳴村:P.N.「最低」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2022-08-04

まずちゃんと犬鳴トンネルについて調べとけや!何なん福岡馬鹿にしとるんか?犬鳴トンネルがもとであって犬鳴村はテレビが作った作り話…まったく最低な映画

島守の塔:P.N.「柊」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2022-08-04

久しぶりに感動した「戦争ドラマ」でした。沖縄戦の映画作品もたくさんありますが、実写と創作の割合も生きているし、戦時中の徹底した軍事教育も恐ろしい!若者たち女性たち男たちの多くの人に観てほしい。絶対後悔しない!

彷徨う魂:P.N.「ちびにゃん@さいたま」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2022-08-04

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

美浜ねこの会さん主催の上映会にて、鑑賞しました。
海浜幕張の打瀬公民館です。
猫を虐待死させても執行猶予付き。
その理由は個人情報を晒されたりして十分に社会的制裁を受けているから。動物はモノ扱い。
その犯人を包丁で殺そうとしたら実刑。
猫虐待犯は執行猶予中に子供が生まれ、幸せな生活を謳歌しそうなのに対し、その犯人を包丁で殺そうとした主人公は家族も何もかも失いました。
そのような理不尽な現実を描いていました。
最愛の家族が殺されても、あまりにも軽い日本の法律、動物の愛護及び管理に関する法律第44条が適用されない法律の運用には疑問が多過ぎます。
動物がモノ扱いとなっている、明治時代に制定された古い民法を、一刻も早く改正する事が必須だと思われます。
彷徨う魂とは?猫ではなくて主人公の魂なのかも。
ところで、小坂明子さんの主題歌「あなた」が頭の中でヘビロテしています。
やはり昭和の歌謡曲は素晴らしいです。

最終更新日:2022-08-18 16:00:02

広告を非表示にするには