クレイジー・ハート 作品情報

くれいじーはーと

かつて一世を風靡したシンガーソングライターのバッド・ブレイク(ジェフ・ブリッジス)は57歳になった今、ドサ回りの歌手に落ちぶれていた。彼の弟子トミー・スウィートは、若手トップシンガーとして人気を集めている。バッドは新曲もかけず、酒に溺れていた。バッドはショーのため訪れたサンタフェのバーで、バンドのピアニスト、ウェズリー(リック・ダイアル)から、彼の姪で地元紙の記者ジーン・クラドック(マギー・ギレンホール)の取材を受けるよう頼まれる。バッドはジーンと打ち解けるが、トミーや結婚といった核心に触れると、一方的に取材を打ち切ってしまう。ショー終了後、バッドはジーンとなりゆきで一夜を過ごす。しかしジーンは4歳の息子バディを持つシングルマザーで、離婚の痛手から、バッドとの関係を深めるのを躊躇う。バッドの次の仕事は、フェニックスの巨大スタジアムでのトミーの前座だった。バッドはマネージャーのジャック(ポール・ハーマン)に説得され、渋々出演する。ショーの後、バッドはヒューストンへ帰る前にジーンに会いに行くと電話をかける。しかしその直後、居眠り運転で車を横転させてしまう。ジーンの家で休養し、家庭の温もりに触れたバッドは、元妻との間に28歳になる息子スティーヴンがいることをジーンに打ち明ける。バッドは長年の付き合いのバーのマスター、ウェイン(ロバート・デュヴァル)に、ジーンの存在を告白する。スティーヴンに電話をかけ、元妻の死を知ったバッドは、スティーヴンに会いたいと伝えるが、スティーヴンは身勝手だと言い放つ。ジーンはためらいつつもバディを連れ、ヒューストンを訪ねる。ジーンはバッドに、バディの前でお酒を飲まないことを念押しする。しかしバッドはバーに立ち寄ってしまう。バッドがウィスキーを注文する間に、バディが姿を消す。警察に捜査を依頼した末、バディは見つかるが、ジーンとバッドの関係は変化し始める。バッドはジーンへの想いや新たな人生への希望を、新曲作りに託す。

「クレイジー・ハート」の解説

落ちぶれた歌手の再生を描く感動のヒューマンドラマ。出演は、「ザ・コンテンダー」のジェフ・ブリッジス、「ダークナイト」のマギー・ギレンホール。監督は、「オースティン・パワーズ:デラックス」などに出演した俳優で、本作が初監督となるスコット・クーパー。アカデミー賞主演男優賞(ブリッジス)、主題歌賞受賞。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年6月12日
キャスト 監督スコット・クーパー
原作トーマス・コッブ
出演ジェフ・ブリッジス マギー・ギレンホール ロバート・デュヴァル ライアン・ビンガム コリン・ファレル トム・バウアー ジェームズ・キーン ウィリアム・マルケス ジャック・ネイション ポール・ハーマン リック・ダイアル
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2009)
上映時間 111分
公式サイト http://movies.foxjapan.com/crazyheart/

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「Digital homeless」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-03

country musicとその世界に生きる人間をテーマにした楽しめる作品である。
country musicは単純な感じの曲が多いが、アメリカにては物凄く根強い人気がある。1CDのヒットが1000万枚位売れる桁違いの世界がある。jazz は 日本でのイメージと大違いで、NYC、LA, Chicago等の隅っこで細々と生きていると言う状況。
本作品は、破天荒、破茶滅茶な主人公に復活、愛を絡ませ、シンプルストーリーによるアメリカの人情・人間模様の強さを感じる。本映画は、南部を廻ってステージ演奏をするシーンが多々あり、落ちぶれての場末での演奏、売れた時の規模の大きい会場でのコンサートの雰囲気、アメリカ南部等を楽しめる。

最終更新日:2024-05-28 10:51:38

広告を非表示にするには