カムイ外伝(2009) 作品情報

かむいがいでん

江戸時代の日本。貧しい村に生まれ、忍者となった男カムイ(松山ケンイチ)。だが彼は、理不尽な殺戮、掟に縛られた世界に嫌気が差し、自由を求めて忍の世界を抜ける。同時にそれは裏切り者として追っ手と戦う運命を背負うことでもあった。彼を追うのは、かつての仲間、大頭(イーキン・チェン)やミクモ(芦名星)。その執拗な追跡を逃れ、生きるための逃亡の旅は続く。ある日、漁師の半兵衛(小林薫)を助けたことから、その家族に迎えられるカムイ。だが半兵衛の妻は、かつての仲間でカムイ同様、抜け忍となったくノ一のスガル(小雪)だった。カムイを追っ手と思い込むスガルは心を許さなかったが、反対に娘のサヤカ(大後寿々花)は密かにカムイに恋心を抱く。そんな時、半兵衛が藩主・軍兵衛(佐藤浩市)に捕らえられてしまう。カムイとスガルの協力により半兵衛は無事救出。だが、家に戻ることのできない半兵衛一家とカムイは、荒れ狂う海に船を漕ぎ出す。沖合いで人食い鮫の群れに襲われる一行。その窮地を救ったのは、屈強な鮫退治軍団“渡り衆”とそれを率いる不動(伊藤英明)だった。不動たちの千石船に迎えられたカムイたちは、無事に幸島に辿り着く。突然現れた彼らに不信感を抱いたカムイだったが、不動たちが自分と同じ抜け忍であることを知り、行動を共にするようになる。サヤカと心を通わせ、人と触れ合う温かさを知り、束の間の穏やかな日々を送るカムイ。だが、追っ手はすぐそこに迫っていた……。

「カムイ外伝(2009)」の解説

白土三平原作の人気忍者コミックを、「ウルトラミラクルラブストーリー」の松山ケンイチ主演で映画化したアクション・エンタテインメント。監督は「血と骨」の崔洋一、脚本は崔と「少年メリケンサック」の宮藤官九郎。共演には「ラスト・ブラッド」の小雪、「252-生存者あり-」の伊藤英明らオールスターキャストが勢ぞろい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年9月19日
キャスト 監督崔洋一
出演松山ケンイチ 小雪 伊藤英明 佐藤浩市 小林薫 大後寿々花 イーキン・チェン 金井勇太 芦名星 土屋アンナ
配給 松竹
制作国 日本(2009)
上映時間 120分
TV放映 2024年1月1日 テレビ神奈川(tvk) 映画の時間
2023年10月8日 TOKYO MX 映画放送ラインナップ

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:3.07点★★★☆、44件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-02-05

カムイ外伝をまた観た。とても感動した。これは何よりも生きるパワーを与えてくれたからだ。過去を振り返れば私は少年時代、カムイ伝のコミックをよく読んでいた。そのきっかけとなったのが当時の友達だった。彼はいつもカムイ伝ばかり読んでいたのだ。その姿を見ていると私はカムイ伝がとても気になった。そしてカムイ伝を読み出したのだが、いつの間にか、私もカムイ伝の虜になったのだ。白土三平さんの世界は素晴らしいと思った。この映画はカムイ外伝だが、スクリーンに吸い込まれていった。やはり白土三平さんの世界に魅了されたのだ。この映画を観ていると、初めてカムイ伝のコミックを手にした時の感動が甦ってくる。あれからもう50年以上の歳月が流れた。私は今でもまるで少年のような心で人生を楽しみたいと思っている。素晴らしい作品だと思う。

最終更新日:2024-05-28 10:51:30

広告を非表示にするには