劇場版 空の境界 第七章 殺人考察(後) 作品情報

げきじょうばんからのきょうかいだいななしょうさつじんこうさつご

4年前の1995年、黒桐幹也(声:鈴村健一)と両儀式(坂本真綾)は出逢う。翌1996年、彼女は眠りに堕ちるが、仄暗く芽生えた思いは、人知れず育まれ続けていた。その2年後の1998年。彼女は目覚め、新たな時を刻み出す。同時に、彼女を得る為の思惑も人知れず蠢いて……そして今、1999年。両儀式をとらえる全ての仕掛けは破綻したはずだったが、歯車が狂い出した。4年ぶりに繰り返される通り魔殺人。夜ごと行なわれる人殺しは、彼女の内に潜む殺人衝動と、もうどこにもいない“織”を否応なく思い出させていた。幹也は式の無実を証明するため、殺人事件の捜査を始める。そんな中、幹也は高校時代の先輩、白純里緒(保志総一朗)と再会する……。

「劇場版 空の境界 第七章 殺人考察(後)」の解説

ゲームのシナリオライターとしても活躍する奈須きのこの小説をアニメ化したシリーズ7作目。人の死を見ることのできる少女と、彼女を思い続ける少年の運命を描く最終章。声の出演は「チョコレート・アンダーグラウンド」の坂本真綾、「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」の鈴村健一、「劇場版 遙かなる時空の中で 舞一夜」の保志総一朗など。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月8日
キャスト 監督瀧沢進介
原作奈須きのこ
出演(声)坂本真綾 鈴村健一 本田貴子 藤村歩 中田譲治 保志総一朗
配給 アニプレックス
制作国 日本(2009)
上映時間 119分

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「まんひろ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-09-15

素晴らしい!人を好きになるとは、こうゆう事なのだろう!

最終更新日:2024-05-28 10:51:46

広告を非表示にするには