山形スクリーム 作品情報

やまがたすくりーむ

都立紅女子高校2年生・岡垣内美香代(成海璃子)が所属する歴史研究会の一行は、落ち武者伝説を追って山形県御釈ヶ部村へ研修合宿に向かう。そこでは観光キャンペーンの一環として、落ち武者が眠るといわれる祠を倒すイベントが行なわれていた。蝦蟇且村長(生瀬勝久)は、将来テーマパークを建設するため、ここに“スーパー祠”を建てようとしていたのだ。代々、祠を守ってきた村の床屋・与藻須賀三太郎(AKIRA)は体を張って阻止するが、祠は無残にも掘り起こされてしまう。その夜、800年前の壇の浦の戦い後、源氏に追われた平家の侍頭・葛貫忠経(沢村一樹)が、祠の跡地から甦った。そして家来の山崎田内左衛門(竹中直人)、海に沈んだ伊東丹波成定(石橋蓮司)らも葛貫のもとに集結。かつて落人狩りにあった恨みを晴らすべくこの村を征伐し全ての者を地獄へ突き落とせ、と村人たちを次々に襲い始めた。殺された村人たちはゾンビと化して復活、美香代たちも彼らに追い詰められるが、葛貫は美香代を見て愕然とする。美香代は、葛貫が愛した建礼門院の官女・光笛(成海璃子)に生き写しだったのだ。葛貫は、今こそ夫婦として結ばれようと、逃げる美香代をさらってしまう。一方、パニックとなった村から、命からがら逃げ出した宙子(桐谷美玲)、圭(紗綾)、胸恵(波瑠)は、美香代とはぐれたことに気付き騒然となる。しかし、勇気を奮い友達を助けようと決断、顧問の勝先生(マイコ)、三太郎らと改造トラクターに乗って農具を武器に敵に立ち向かっていく。だが、どんなに倒しても絶命しない夥しい数の敵。しかも、勝先生は皆を助けようと自ら犠牲となりゾンビになってしまった。絶望的な状況の中、闘い続けるしかない女子高生たちは果たして美香代を助け出す術を見つけ出せるのか……?

「山形スクリーム」の解説

俳優としても活躍する竹中直人が「サヨナラCOLOR」に続いて監督したホラー・コメディ。山形県の過疎村に伝わる落ち武者伝説の研究に訪れた女子高生たちと、800年の封印を解かれて甦った落ち武者たちとのバトルを描く。出演は「罪とか罰とか」の成海璃子、「花より男子ファイナル」のAKIRA、「山のあなた 徳市の恋」のマイコなど。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月1日
キャスト 監督竹中直人
出演成海璃子 波瑠 紗綾 桐谷美玲 AKIRA マイコ 生瀬勝久 由紀さおり 温水洋一 沢村一樹 竹中直人 岩松了 クリスタル・ケイ 六平直政 赤井英和 田中要次 井口昇 緋田康人 佐伯新 篠原ともえ 斉木しげる 石橋蓮司 デビット伊東 広田レオナ 荻野目慶子
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 日本(2009)
上映時間 116分

ユーザーレビュー

総合評価:2.5点★★☆☆☆、7件の投稿があります。

P.N.「ジットコースター?」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2009-08-21

評判程、悪くないと思う。ただジャンルが正直分からない。普通に映画としては2時間見れる。ただ笑えはしない。シリアスかと云えばそうでもない。全編下らない印象かと思ったが違う。ホラーはともかく、B級映画としては逆に監督としての技量が仇になっている気がした。面白い期待の裏切り方をする作品だ。芝居もちゃんとしてるし、どうしてこれをホラーコメディにしようとしたのだろう?非常に不思議な感覚が残った映画だった。

最終更新日:2024-05-28 10:51:39

広告を非表示にするには