劇場版 空の境界 Remix -Gate of seventh heaven- 作品情報

げきじょうばんからのきょうかいりみっくすげーとおぶせぶんすへぶん

1995年3月。黒桐幹也(声:鈴村健一)は、街で両儀式(坂本真綾)と出会い、心を奪われる。4月、幹也は観上高等学園の入学式で、式と再会する。式は人を寄せ付けない性格だったが、幹也には心を開く。ある日幹也は、式のもう1つの人格で、殺人者だと名乗る織と出会う。そのころ、街では連続猟奇殺人事件が発生していた。1998年6月。不慮の事故で、2年間昏睡状態だった式が目を覚ます。彼女は、“死の線”が見えるという特殊能力を獲得していた。さらに、“伽藍の堂”オーナーで、人形遣いで魔術師の蒼崎橙子(本田貴子)が現れ、織の人格がなくなっていることを式に気づかせる。その年の7月、肉体にねじ切られたような跡が残る変死体が複数見つかる。橙子は、この猟奇殺人事件の犯人の保護か殺害を依頼される。犯人の浅上藤乃(能登麻美子)は、被害者たちから暴行されていた少女だった。式は、藤乃の暴走を止めるために動き出す。9月、巫条ビルという取り壊しが決まっている高層ビルで、少女たちの自殺が多発する。式は、そのビルの上空に浮かぶ少女たちの姿を見つける。橙子とともにイギリスで魔術を学んだ荒耶宗蓮(中田譲治)は、力と身体を持て余す式を、根源の渦への扉に利用しようと企む。ある日式は、臙条巴という少年と知り合い、共同生活を始める。しばらくして、巴は自分の親を殺したと告白する。橙子から似た事件のことを聞いていた式は、巴とともに彼の家へ向かう。1999年1月。幹也の妹でありながら彼に想いを募らせ、実妹と認識される前に叔父の養女となった鮮花(藤村歩)は、伽藍の堂で働いている幹也を式から取り戻すため、橙子の元で魔術師見習いをしている。ある日鮮花は、鮮花の母校・礼園女学院の生徒が妖精に記憶を奪われるという事件の捜査を命じられる。そこで、妖精を見ることができる式とともに学院を訪れる。

「劇場版 空の境界 Remix -Gate of seventh heaven-」の解説

奈須きのこ原作の伝奇小説『空の境界』のアニメ化シリーズ6作品のリミックス編集版。異形の能力を持った少女を取り巻く世界を描く。監督は、あおきえい、野中卓也、小船井充、滝口禎一、平尾隆之、三浦貴博。声の出演は、「ティンカー・ベル」の坂本真綾、テレビ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の鈴村健一。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年3月14日
キャスト 監督あおきえい 野中卓也 小船井充 滝口禎一 平尾隆之 三浦貴博
原作奈須きのこ
出演(声)坂本真綾 鈴村健一 本田貴子 藤村歩 中田譲治
配給 アニプレックス
制作国 日本(2009)
上映時間 60分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「劇場版 空の境界 Remix -Gate of seventh heaven-」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-05-28 10:51:46

広告を非表示にするには