街は誰のもの? 作品情報

まちはだれのもの

デザインと文化人類学的視点から見たブラジル・ストリート

街は誰のもの?のイメージ画像1
街は誰のもの?のイメージ画像2

グラフィテイロ(グラフィティアーティストの現地での呼称)がつぶやく背景に広がるのは、南米一の大都市サン・パウロ。そこには多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジル特有の都市の姿があった。東京でグラフィックデザイナーとして活動する阿部航太が、2018年から19年のブラジル滞在で体感した「街」。そこには歪んだ社会に抗いながら、混沌の波を巧みに乗りこなすグラフィテイロ、スケーター、そして街を歩き、座り込み、踊り明かす人々がいた。イリーガルな表現活動から日常生活まで、地続きに営なまれるその風景は、私たちが知っている街の姿を痛快に批判しているように思えた。ブラジル4都市を巡り、路上から投げかけられた一つの問いへの答えを追うストリート・ドキュメンタリー。監督はグラフィックデザインをベースとしながら文化人類学的アプローチで活動する阿部航太。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年12月11日
キャスト 監督・撮影・編集阿部航太
出演エニーボ チアゴ・アルヴィン オドルス 中川敦夫 ピア
配給 Trash Talk Club
制作国 日本(2021)
上映時間 98分
備考 シアター・イメージフォーラムにて
公式サイト https://www.machidare.com/

(C)KOTA ABE

街は誰のもの?のイメージ画像3

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「街は誰のもの?」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-11-29 23:30:04

広告を非表示にするには