パリ・オペラ座バレエ シネマ「ジェローム・ロビンズ・トリビュート」 作品情報

ぱりおぺらざばれえしねまじぇろーむろびんずとりびゅーと

パリ・オペラ座バレエ シネマ「ジェローム・ロビンズ・トリビュート」のイメージ画像1
パリ・オペラ座バレエ シネマ「ジェローム・ロビンズ・トリビュート」のイメージ画像2

アカデミー賞10部門を受賞した映画「ウエスト・サイド物語」の監督としても知られている振付家ジェローム・ロビンズは、パリ・オペラ座バレエ団をニューヨーク・シティ・バレエ団に次ぐ第二の故郷と考えていた。この公演では、彼のインスピレーションの源となった無限の多様性と、彼の天才的な才能が舞台上で発揮された『ファンシー・フリー』、『ダンス組曲』、『牧神の午後』、『グラス・ピーシズ』の4演目を上演。一時代を画した著名な作品『ファンシー・フリー』は大ヒットしたため、それを基にブロードウェイミュージカル『オン・ザ・タウン』が製作され、フランク・シナトラとジーン・ケリー共演で映画化された「踊る大紐育」は1949年アカデミー賞ミュージカル映画音楽賞を受賞した。さらに、大規模な『グラス・ピーシズ』のエネルギー、『牧神の午後』や『ダンス組曲』の親密な甘さなど、音楽の生きた理解の中で身体を流れに従わせることができる稀有な能力が現れている。

「パリ・オペラ座バレエ シネマ「ジェローム・ロビンズ・トリビュート」」の解説

世界最古のパリ・オペラ座バレエ団の公演を映画館の大スクリーンで上映するシリーズの1本。マチアス・エイマンやカール・パケットら人気エトワールが大勢出演し、「ウエスト・サイド物語」の監督としても有名なジェローム・ロビンズが振付した4演目を収録。2018年11月8日、パリ・オペラ座ガルニエ宮にて上演。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年6月24日
キャスト 出演エレオノーラ・アバニャート アリス・ルナヴァン ステファン・ビュリオン カール・パケット フランソワ・アリュ オーレリア・ベレ アレクサンドル・カルニアト マチアス・エイマン アマンディーヌ・アルビッソン ユーゴ・マルシャン セウン・パク フロリアン・マニュネ
配給 カルチャヴィル
制作国 フランス(2018)
上映時間 114分
公式サイト https://www.culture-ville.jp/parisoperaballetcinema

Photos (C) Sébastien Mathé / OnP

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「パリ・オペラ座バレエ シネマ「ジェローム・ロビンズ・トリビュート」」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-07-26 11:03:16

広告を非表示にするには