けったいな町医者 作品情報

けったいなまちいしゃ

尼崎の町医者の日常を記録したドキュメンタリー

けったいな町医者のイメージ画像1
けったいな町医者のイメージ画像2

1995年、病院勤務医として働いていた際に、「家に帰りたい。抗ガン剤をやめてほしい」と言った患者さんが自殺をした。それを機に、阪神淡路大震災直後、勤務医を辞め、人情の町・尼崎の商店街で開業し、町医者となった長尾和宏。病院勤務医時代に1000人、在宅医となってから1500人を看取った経験を元に、多剤処方や、終末期患者への過剰な延命治療に異議を唱える”異端”。暦を過ぎた長尾は今も、24時間365日、患者の元に駆け付ける。そんな長尾の日常をカメラで追いかけたのは、新型コロナが猛威を振るう直前の2019年末。転倒後、思うように動けなくなり、以前自分の旦那を看取った長尾を往診に呼んだ女性や、肺気腫に合併した肺がん終末期の患者さんなどの在宅医療を追う。

「けったいな町医者」の解説

これまでに2500人を看取ってきた在宅医・長尾和宏の命の駆け引きの現場を収めたドキュメンタリー映画。リビング・ウィル(終末期医療における事前指示書)と長尾の電話番号を書き残し、自宅で息を引き取ったばかりの方の元に駆けつけた際の貴重な映像も交え、昼夜を問わず街中を駆け巡る長尾の日々を追うことにより、「幸せな最期とは何か」「現代医療が見失ったものとは何か」を問いかける。(作品資料より)

けったいな町医者のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年2月13日
キャスト 監督・撮影・編集毛利安孝
出演長尾和宏
ナレーション柄本佑
配給 渋谷プロダクション
制作国 日本(2020)
上映時間 110分
公式サイト https://itakunaishinikata.com/kettainamachiisha/

(c)「けったいな町医者」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「テキサス」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-02-18

コロナ禍の数ヶ月前に収録された作品。普段の姿がありのままに描かれ、死を前にした医者、患者、家族、ヘルパーの思いが切々と伝わりました。関西弁でのやり取りが暗く重たいテーマを和らげて、上質の人生ドラマを見せて貰いました!

最終更新日:2021-04-17 00:01:02

広告を非表示にするには