大綱引の恋 作品情報

おおつなひきのこい

“川内大綱引”に青春をかける青年と韓国人女性研修医との恋

大綱引の恋のイメージ画像1
大綱引の恋のイメージ画像2

有馬武志は鳶職・有馬組の三代目だが、35歳にしてまだ独身。鳶の親方でもあり、“大綱引”の師匠でもある父親・寛志から常々「早う嫁を貰うて、しっかりとした跡継ぎになれ。」と、うるさく言われている。仕事柄女性とめぐり合う機会が少ない上に奥手の武志には、交際している女性がいない。とある日、消防団員でもある武志が、川内駅のコンコースですれ違いざまに倒れた老人の救命措置をしているところに、甑島の診療所に勤務する韓国人女性研修医のヨ・ジヒョンが通りかかり、連携プレーにより老人の命は救われる。お互いに名前を名乗ることもなく別れた二人だが、後日偶然にも再会。大学で学んだ韓国語を得意とする武志は、ほどなくジヒョンと心を通わせるようになる。年に一度、秋分の日の前夜に催される“大綱引”が近づくにつれ、さらに父親から、国が違うことを理由に反対されればされるほど、二人の恋心のボルテージは上がっていき、結婚を意識するようになるが、“大綱引”開催日直前に、武志はジヒョンから、あと2週間で研修期間が終わり帰国すると告げられ…。

「大綱引の恋」の解説

鹿児島県薩摩川内市に420年続く勇壮な“川内大綱引”に青春をかける鳶(とび)の跡取りと、甑島の診療所に勤務する韓国人女性研修医との切ない恋と、その二人を取り巻く家族模様を描く物語。鳶の三代目・有馬武志役を三浦貴大、武志が思いを寄せる下甑島の瀬々野浦診療所に勤務する研修医のヨ・ジヒョン役を知英が演じる。監督は『半落ち』『八重子のハミング』の佐々部清。(作品資料より)

大綱引の恋のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年5月7日
キャスト 監督佐々部清
出演三浦貴大 知英 比嘉愛未 中村優一
配給 ショウゲート
制作国 日本(2020)
上映時間 108分
備考 新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座ほか全国にて
公式サイト http://ohzuna-movie.jp/

(C)2020映画「大綱引の恋」フィルムパートナーズ

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「大綱引の恋」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-03-12 00:10:27

広告を非表示にするには