アーニャは、きっと来る 作品情報

あーにゃはきっとくる

マイケル・モーパーゴの傑作を映画化

アーニャは、きっと来るのイメージ画像1
アーニャは、きっと来るのイメージ画像2

1942年、ナチス占領下のフランス・ピレネー山脈の麓の小さな村に住む、13歳の少年・ジョーは、生活の大半を羊飼いとして過ごしていた。ある日ユダヤ人・ベンジャミンと出会う。彼は秘密裏にユダヤ人の子どもたちを安全なスペインへ逃がすという危険な計画を企てていた。ジョーはこの計画を手伝うことになる。かたやジョーは個人的な悲しみの感情を共有することで、ドイツ軍の下士官と親しくなっていた。ドイツの労働収容所から帰国したジョーの父親は荒れていたが、ジョーのユダヤ人救出作戦への関与が明らかになると協力を約束する。村人たち一丸となって子どもたちを逃す日が迫ってくるが、ベンジャミンが待つ娘アーニャは来ない。救出作戦は成功するのか…アーニャは村に現れるのか…。

「アーニャは、きっと来る」の解説

「戦火の馬」などで知られるイギリスを代表する児童文学作家、マイケル・モーパーゴの傑作「Waiting for Anya」を映画化。1942年、当時ナチス占領下にあったフランス・ピレネー山脈の麓の小さな村で起きた奇跡を描く。主役のジョー役を演じるのは、Netflixテレビドラマシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で世界的に人気急上昇中のノア・シュナップ。少々気弱でどことなく頼りなさげな普通の少年が、恐怖に立ち向かう勇気を持ち、窮地を乗り越えて精神的に成長していく姿を見事に演じている。(作品資料より)

アーニャは、きっと来るのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年11月27日
キャスト 監督ベン・クックソン
原作マイケル・モーパーゴ
出演ノア・シュナップ トーマス・クレッチマン フレデリック・シュミット トーマス・レマルキス ジャン・レノ アンジェリカ・ヒューストン
配給 ショウゲート
制作国 イギリス=ベルギー(2019)
上映時間 109分
公式サイト https://cinerack.jp/anya/

(c)Goldfinch Family Films Limited 2019

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Microsoft Edge/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-12-03

緊迫した社会情勢に置いていかれたような、のどかな村の日常生活に、村人の生殺与奪を握る、敵の軍隊がいる。情報があまり入ってこないうえ、村には、元々ユダヤ人はほぼいないので、良く知ってる人が、目の前で殺される、という事はない。隣の村にはレジスタンスがいて、処刑になったりしている中、この村では、軍隊よりは野生の熊の方が脅威。

一見、戦争を忘れさせ、遠い国の話になっているようにも思える中、やっぱり敵に支配された村だ、と、地味にわかる描写が細かい。

アーニャは、外部からやってくる、希望の象徴のように思った。。

最終更新日:2021-02-25 00:30:07

広告を非表示にするには