マロナの幻想的な物語り 作品情報

まろなのげんそうてきなものがたり

幸せはほんのちっぽけなこと

マロナの幻想的な物語りのイメージ画像1
マロナの幻想的な物語りのイメージ画像2

血統書付きの母と、ちょっと乱暴な父との間に生まれ、後に“マロナ”と名付けられることになる雑種の小型犬は、同時に生まれた9匹の末っ子だったことから、便宜的に“ナイン”と呼ばれていた。このハート型の鼻を持つ小さな犬は、生まれてすぐに家族から引き離され、曲芸師やエンジニア、幼い少女など、様々な飼い主の元を渡り歩くことになるが……。

「マロナの幻想的な物語り」の解説

一匹の雑種犬が辿る数奇な運命を、独特のアート表現で綴ったアニメーション。東京アニメアワードフェスティバル2020で長編コンペティション部門グランプリを受賞。(作品資料より)

マロナの幻想的な物語りのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年8月29日
キャスト 監督・脚本・原案・製作アンカ・ダミアン
声の出演リジー・ブロシュレ ブルーノ・サロモネ ティエリー・アンシス ナタリー・ブトゥフー
声の出演<日本語吹替え版>のん 小野友樹 平川新士
配給 リスキット
制作国 フランス=ルーマニア=ベルギー(2019)
上映時間 92分
公式サイト https://maronas.info/

(C)Aparte Film, Sacrebleu Productions, Mind's Meet

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「マルちゃん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-09-27

犬目線による飼い主への愛が心に沁みる。
マロナの一生は幸せだったと思う、でも最後は切なく辛い!

最終更新日:2020-11-20 00:01:05

広告を非表示にするには