永遠に僕のもの 作品情報

えいえんにぼくのもの

妖しく輝く美少年の破滅を描く、クライム青春ムービー

永遠に僕のもののイメージ画像1
永遠に僕のもののイメージ画像2

1971年、ブエノスアイレス。幼いころから他人の持っている物を無性に欲しがったカルリートスは思春期に入って、窃盗が天職だと気づく。カルリートスは新しく入った学校でラモンという青年に出会い、一瞬にして魅了される。そしてラモンの気を惹こうとこれ見よがしな態度をとる。やがて2人はいとも簡単に殺人をするまでに発展し、連続殺人へとエスカレートしていく…。

「永遠に僕のもの」の解説

アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯の少年の、美しくも儚い青春を描き出した犯罪ドラマ。主人公・カルリートスのモデルとなったのは、17歳から相棒と手を組み、自分が望む全てのものを手に入れようと、窃盗、嘘を重ね、さらには僅か数年で12名以上の殺人を犯し、当時の社会に衝撃を与えた実在の人物、カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ。その美しいビジュアルから時に、「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称され、犯罪とは程遠いように思えるその美貌でも大きな話題を集めた。カルリートスを演じたのは、本作が銀幕デビューとなるアルゼンチンの新星ロレンソ・フェロ。キュートなルックスとは裏腹に、時に妖しくも脆く危うい存在感を放ち、スクリーンに強烈な印象を残している。(作品資料より)

永遠に僕のもののイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年8月16日
キャスト 監督ルイス・オルデガ
出演ロレンソ・フェロ チノダリン ダニエル・ファネゴ セシリア・ロス
配給 ギャガ
制作国 アルゼンチン=スペイン(2018)
年齢制限 R-15
上映時間 115分
公式サイト https://gaga.ne.jp/eiennibokunomono/

(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「永遠に僕のもの」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-08-22 00:31:41

広告を非表示にするには