シン・ウルトラマン 作品情報

しんうるとらまん

次々と巨大不明生物【禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本。通常兵器が全く役に立たず、限界を迎えた日本政府は、禍威獣対策のスペシャリストを集結し、【禍威獣特設対策室】通称【禍特対(カトクタイ)】を設立。班長に田村君男(西島秀俊)、作戦立案担当官・神永新二(斎藤工)、非粒子物理学者・滝明久(有岡大貴)、汎用生物学者・船縁由美(早見あかり)がメンバーに選ばれ、任務に当たっていた。禍威獣の危機がせまる中、大気圏外から銀色の巨人が突然現れる。その巨人対策のため、禍特対に分析官・浅見弘子(長澤まさみ)が新たに配属され、神永とバディを組むことになる。

「シン・ウルトラマン」の解説

1966年の放送開始以来、今なお根強い人気を誇る、“ウルトラマン”を企画・脚本庵野秀明、監督・樋口真嗣の「シン・ゴジラ」コンビが映画化。次々と巨大不明生物【禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本。通常兵器が役に立たない禍威獣に対するため、禍威獣対策のスペシャリストを集結し、【禍特対(カトクタイ)】を設立。メンバーは日々任務にあたっていた。そんなある日、大気圏外から銀色の巨人が突然出現し……主人公の神永新二を斎藤工、彼とバディを組む浅見弘子を長澤まさみが演じる。西島秀俊、Hey! Say! JUMPの有岡大貴、早見あかりらが脇を固めている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年5月13日
キャスト 監督樋口真嗣
出演斎藤工 長澤まさみ 西島秀俊 有岡大貴 早見あかり 田中哲司 山本耕史 岩松了 嶋田久作 益岡徹 長塚圭史 山崎一 和田聰宏 竹野内豊
出演(声)津田健次郎 高橋一生 山寺宏一
配給 東宝
制作国 日本(2021)
上映時間 112分

(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)️円谷プロ

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:3.95点★★★☆、39件の投稿があります。

P.N.「メフィラスのザラブ (巨大不明生物)」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2022-08-27

いや〜、素晴らしい作品だった!ウルトラマンは全然詳しくない(ゴジラ派です)けど、ホントに楽しかったです‼︎本作がきっかけで、ウルトラマン好きになりましたよ。
怪獣(禍威獣)とウルトラマンの描写は特撮っぽさを残しつつ、より近代化した感じがよかったです。ストーリーも簡潔で面白く、ハラハラして楽しめました。
ただ、他のレビューにもあった通り、「シン・ゴジラ」的なのを期待していくのはNGです。シンゴジラの時より娯楽性が高いため、空想の話でリアル感が少ないです。が、これはこれでいいと思うし、これが本作の良さです。
最後に。「シン・ウルトラマン、私の好きな映画です。」

最終更新日:2024-02-14 18:09:18

広告を非表示にするには