サマーフィーリング 作品情報

さまーふぃーりんぐ

TIFFグランプリ監督の第2作

サマーフィーリングのイメージ画像1
サマーフィーリングのイメージ画像2

夏のある日、30歳のサシャが突然この世を去った。サシャの恋人ローレンス、そしてサシャの妹ゾエ――それまで出会うことがなかったふたりが顔を合わせる。それぞれがサシャの喪失と苦悩に思いを馳せる。突然の別れの地となったベルリン、悲しみが深く残るパリ、少しずつ自分の生活を取り戻していくニューヨーク。三つの都市で過ごした三度の夏を通して、残された人たちが少しずつ人生の光を取り戻していく。

「サマーフィーリング」の解説

2018年の第31回東京国際映画祭で東京グランプリと最優秀脚本賞を受賞した『アマンダと僕』のミカエル・アース監督のひとつ前、長編2作目の作品が本作。30歳でこの世を去った女性の恋人と妹が、思い出が残るパリ、ベルリン、ニューヨークの3都市を舞台に、少しずつ「人生の光」を取り戻していく姿を描いている。恋人ローレンスを演じるのは、『パーソナル・ショッパー』のアンデルシュ・ダニエルセン・リー。そして妹ゾエを『女の一生』のジュディット・シュムラが演じている。また、ベン・ワット、ザ・アンダートーンズ、ピクシーズといったアーティストの楽曲が挿入歌として使用されるとともに、カナダのミュージシャン、マック・デマルコのライブシーンには要注目だ。

サマーフィーリングのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年7月6日
キャスト 監督ミカエル・アース
出演アンデルシュ・ダニエルセン・リー ジュディット・シュムラ マリー・リヴィエール フェオドール・アトキーヌ マック・デマルコ ドゥニア・シショフ ステファニー・デール
配給 ブロードウェイ
制作国 フランス=ドイツ(2019)
上映時間 106分
公式サイト https://summerfeeling.net-broadway.com/

(C)Nord-Ouest Films - Arte France Cinema - Katuh Studio - Rhone-Alpes Cinema

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「サマーフィーリング」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-02-25 15:19:14

広告を非表示にするには