さよなら、退屈なレオニー 作品情報

さよならたいくつなれおにー

17歳の少女の迷いや不安、そして成長を綴る

さよなら、退屈なレオニーのイメージ画像1
さよなら、退屈なレオニーのイメージ画像2

海辺の街で暮らすレオニーは高校卒業を1カ月後に控え、イライラした毎日を送っていた。この町を飛び出したいけど、本当は何をしたいのか分からない。母親は口うるさくてキライだし、母親の再婚相手はもっとキライ。レオニーが頼りにできるのは、離れて暮らす実の父親だけだ。そんなある日、レオニーは街のダイナーでミュージシャンのスティーブと出会う。どこかよそ者の雰囲気がするスティーブに興味を持ったレオニーは、彼にギターを習う事になる。

「さよなら、退屈なレオニー」の解説

やりたい事が見つからず、自分の居場所なく苛立ちを抱える17歳の少女が、ひと夏を経て成長する様子を綴った青春ドラマ。2018年にカナダで公開されスマッシュヒットを記録した本作を手掛けたのは、カナダ映画界の新世代として注目を集めるセバスチャン・ピロット監督。2018年の東京国際映画祭で上映され、思春期特有の迷いや不安を体現した主演のカレル・トレンブレイが、輝きを放つ若手キャストに贈られる「ジェムストーン賞」を受賞した。『ジュノ』で頭角を現したエレン・ペイジや、『レディバード』のシアーシャ・ローナンを彷彿とさせる。自分の居場所が見つけられない者に、ささやかな勇気を与えてくれる一作。

さよなら、退屈なレオニーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年6月15日
キャスト 監督セバスチャン・ピロット
出演カレル・トレンブレイ ピエール=リュック・ブリラント フランソワ・パピノー
配給 ブロードメディア・スタジオ
制作国 カナダ(2018)
上映時間 96分

(C)CORPORATION ACPAV INC. 2018

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「さよなら、退屈なレオニー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-21 17:56:37

広告を非表示にするには