お役者文七捕物暦 蜘蛛の巣屋敷 作品情報

おやくしゃぶんしちとりものれきくものすやしき

中村錦之助の文七捕物暦シリーズ第一作。

名題役者播磨屋敷歌六の息子文七は、世をすねて遊び人となっていた。その彼が闇夜に覆面の武士達に追われる腰元を見て、こともあろうにその侍達に金をたかって傷を受けた。長屋のお半に手当をうけた彼は与力池田大助に事情を訴えたが信じて貰えなかった。同じ夜、勝田藩江戸邸で、老中水野和泉守の嫡男忠常への嫁入りを前に、長女輝姫が土蜘蛛の精に操を奪われた事件が起った。昔土蜘蛛と称する一味の一揆があったが、一味は総て死刑に処されたはずだった。相談をうけた大岡越前守も困惑し、究明を大助に命じた。一方山村座千秋楽の日、文七の父歌六が何者かに殺された。そのうえ、ひいきによばれた秀歌が阿片で眠らされ、死体と化した輝姫のそばで発見される事件が起った。与力大助と連絡をとりながら、文七は役者あがりの経験を生かして、変装によって姿をかえ、事件の探索にのりだした。

「お役者文七捕物暦 蜘蛛の巣屋敷」の解説

横溝正史の原作を「忠臣蔵(1959)」の比佐芳武が脚色し「右門捕物帖 片眼の狼」の沢島忠が監督、「美男城」の坪井誠が撮影した。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督沢島正継
出演萬屋錦之介 中村時蔵 中村芝雀 中村歌昇 中村嘉葎雄 桜町弘子 花園ひろみ
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「お役者文七捕物暦 蜘蛛の巣屋敷」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-27 00:01:21

広告を非表示にするには