火口のふたり 作品情報

かこうのふたり

白石一文の原作を脚本家・荒井晴彦が映画化

火口のふたりのイメージ画像1
火口のふたりのイメージ画像2

十日後に結婚式を控えた直子は、故郷の秋田に帰省した昔の恋人・賢治と久しぶりの再会を果たす。新しい生活のため片づけていた荷物の中から直子が取り出した1冊のアルバム。そこには一糸纏わぬふたりの姿が、モノクロームの写真に映し出されていた。蘇ってくるのは、ただ欲望のままに生きていた青春の日々。「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」直子の婚約者が戻るまでの五日間。身体に刻まれた快楽の記憶と葛藤の果てに、ふたりが辿り着いた先は…。

「火口のふたり」の解説

山本周五郎賞や直木賞を受賞した白石一文による著作の初の映画化となる。監督は男と女のエロティシズムを表現し、キネマ旬報脚本賞に5度輝く脚本家・荒井晴彦。『身も心も』、『この国の空』に続き、脚本・監督に挑んだ一作。物語の舞台を福岡から秋田へ変更し、全編秋田ロケを敢行。また、写真家・野村佐紀子によるモノクロームの写真によって、主人公のふたりの過去を鮮やかに蘇らせ、抒情的な世界観を作り上げた。主演を務めたのは、『きみの鳥はうたえる』などで数々の賞を受賞した実力派俳優・柄本佑と、廣木隆一監督の『彼女の人生は間違いじゃない』での演技が評価され、活躍の場を広げている新鋭・瀧内公美。出演者はこのふたりのみである。

火口のふたりのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年8月23日
キャスト 監督・脚本荒井晴彦
原作白石一文
出演柄本佑 瀧内公美
配給 ファントム・フィルム
制作国 日本(2019)
年齢制限 R-18
上映時間 115分
備考 新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開
公式サイト http://kakounofutari-movie.jp/

(C)2019「火口のふたり」製作委員会

原作を読む

火口のふたり

火口のふたり (河出文庫)

※2019年8月20日時点の情報です。

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「火口のふたり」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-08-22 00:31:37

広告を非表示にするには