希望の灯り 作品情報

きぼうのあかっり

旧東ドイツの巨大スーパーで働く人々を描く

希望の灯りのイメージ画像1

旧東ドイツ、ライプツィヒ近郊。内気なクリスティアンは、建設現場での仕事をクビになり、在庫管理担当としてスーパーマーケットで働き始める。飲料セクションのブルーノは、クリスティアンに仕事のイロハを教え、彼にとって父親のような存在になる。クリスティアンはスイーツセクションの同僚のマリオンと出会い、彼女の謎めいた魅力に一瞬で惹かれる。コーヒーマシーンのある休憩所が彼らのおきまりの場所となり、二人は親密になっていくが…。

「希望の灯り」の解説

トーマス・ステューバー監督は、旧東ドイツ生まれ。本作は、同じく旧ドイツ出身のクレメンス・マイヤーの短編小説「通路にて」を映画化したものだ。2人は、マイヤーの短編「犬と馬のこと」をステューバーが2012年に中編作品に映画化して以来タッグを組み、ステューバーの初長編映画『ヘビー級の心』(15/Netflixにて配信)では共同で脚本を執筆。本作も2人の共同脚本作であり、マイヤーはマリオンの夫役で出演も果たしている。1990年のドイツ再統一によって、旧東ドイツ人の中には不遇をかこつ人々もいた。社会の片隅で助けあう人々の日常を静かに描き出す本作は、人と人との距離感という意味でも、フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ作品に通じるものがある。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年4月5日
キャスト 監督トーマス・ステューバー
原作・脚本クレメンス・マイヤー
出演フランツ・ロゴフスキ ザンドラ・ヒュラー ペーター・カース
配給 彩プロ
制作国 ドイツ(2018)
上映時間 125分
公式サイト http://kibou-akari.ayapro.ne.jp/

(C)2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「希望の灯り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-14 13:22:13

広告を非表示にするには