麻雀放浪記2020 作品情報

まーじゃんほうろうき2020

原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品

麻雀放浪記2020のイメージ画像1
麻雀放浪記2020のイメージ画像2

2020年の“未来”。人口は減少し、労働はAIに取って代わられ、街には失業者と老人があふれている…。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった…嘘か?真か!?1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

「麻雀放浪記2020」の解説

阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」を、35年ぶりに再映画化。原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。本作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジしている。主人公“坊や哲”を演じるのは斎藤工。坊や哲を拾って面倒を見ることにした地下アイドル・ドテ子を姉妹ユニット“チャラン・ポ・ランタン”のヴォーカル・ももが務める。また芸能プロダクションの社長でドテ子の部屋に転がり込むクソ丸を竹中直人、麻雀クラブ「オックスクラブ」のママ・ゆきをベッキーが演じる。監督は『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌。(作品資料より)

麻雀放浪記2020のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年4月5日
キャスト 監督白石和彌
原案阿佐田哲也
出演斎藤工 もも ベッキー 竹中直人 的場浩司 岡崎体育 小松政夫
配給 東映
制作国 日本(2019)
年齢制限 PG-12
上映時間 117分
公式サイト http://www.mahjongg2020.jp/

(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「C.ルージュ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2019-04-29

主人公の哲が1945年から2020年の日本にタイムスリップする。個人情報やAI、国際社会等あらゆるテーマを問題化しているが、欲張りすぎて焦点がバラバラになりすぎ。再映画化した白石監督、齊藤工等の熱い思いは伝わるが、白石監督の作品の中では、突っ込みどころ満載の雑な作品で残念。

最終更新日:2019-10-23 13:23:06

広告を非表示にするには