生きる街 作品情報

いきるまち

被災家族が未来を信じながら生きる姿を描く

生きる街のイメージ画像1
生きる街のイメージ画像2

漁師の夫、二人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子の暮らしは、2011年3月11日に一変する。夫はあの日から行方知れず。避難所生活を経て民泊の営業に乗り出すが、家族の心はすれ違い始めていた。トラウマから子供を持つ事を恐れる娘の香苗と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也。そんな中、かつて同じ町に住んでいたドヒョンが韓国からやって来る。ドヒョンが語ったのは、家族の誰も知らなかった夫の姿だった。

「生きる街」の解説

夏木マリが約10年ぶりの映画主演を務めた本作は、東日本大震災で被災した町に暮らす4人の家族と、彼らを取り巻く人びとが未来を信じながら生きる姿を描いた。「家族」と「故郷」が持つあたり前の普遍的な価値を問いかけながら、「生き続けること」の重要さを示してくれる感動のヒューマンドラマ。俳優としても数多くの映画、ドラマに出演し、映画監督としては『捨てがたき人々』『木屋町 DMARUMA』『アーリーキャット』 など、異色の長編映画を数多く手掛けている榊英雄がメガホンをとった。物語のキーマン、ドヒョンを演じる韓国の実力派ロックバンド「CNBLUE」のギター兼ボーカル、イ・ジョンヒョンの日本映画初出演にも注目が集まる。

生きる街のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年3月3日
キャスト 監督榊英雄
出演夏木マリ 佐津川愛美 堀井新太 イ・ジョンヒョン 岡野真也 吉沢悠 原日出子 升毅
配給 アークエンタテインメント、太秦
制作国 日本(2018)
上映時間 124分
公式サイト http://www.ikirumachi.com/

(C)2018「生きる街」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「生きる街」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-04-26 13:16:38

広告を非表示にするには