男はつらいよ お帰り 寅さん 作品情報

おとこはつらいよおかえりとらさん

長い間サラリーマンをしていた諏訪満男(吉岡秀隆)は、その合間に書いた小説が認められ小説家になった。現在、彼は中学3年生の娘と二人で暮らしている。最新著書の評判は上々だが、次回作の執筆にはなかなか乗り気になれないモヤモヤした毎日。なぜか夢の中に、初恋の人・イズミ(後藤久美子)が現れ、悩みは尽きない。そんな折、満男は、妻の七回忌の法要で柴又の実家を訪れる。柴又の帝釈天の参道に昔あった『くるまや』の店舗は新しくカフェに生まれ変わり、その裏手に昔のままの住居がある。法事のあと、母・さくら(倍賞千恵子)、父・博(前田吟)たちと昔話に花が咲く。いつも満男の味方であった満男の伯父・寅次郎(渥美清)との騒々しくて楽しかった日々……。あれからもう半世紀の歳月が流れたのだ。ある日、サイン会を行うことになった満男。ところが、その列に並ぶ客の中にイズミの姿を見て呆然となる。ヨーロッパで生活しているイズミは仕事で来日し、偶然サイン会に参加したのだった。満男はサイン会もそこそこに「君に会わせたい人がいる」と小さなJAZZ喫茶にイズミを連れて行く。経営者の顔を見て驚くイズミ。それは20年以上前に奄美大島で会った寅の恋人のリリー(浅丘ルリ子)だった。懐かしい人たちとの再会、思い返す寅さんのこと。それは満男とイズミにあたたかい何かをもたらしていく。そしてその夜、イズミは『くるまや』を訪れる……。

「男はつらいよ お帰り 寅さん」の解説

国民的人気を誇る山田洋二監督による「男はつらいよ」シリーズの22年ぶりとなる第50作。小説家になり、最新作の評判も上々の満男は、サイン会を行うことに。ところが、その列に並ぶ客の中に、初恋の人で一度は結婚の約束までした女性・イズミの姿を見つける。96年に亡くなった渥美清、倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆らレギュラー陣に加え、マドンナを務めた後藤久美子、浅丘ルリ子が出演。脚本は、山田洋次と「釣りバカ日誌」シリーズの朝原雄三。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年12月27日
キャスト 監督山田洋次
原作山田洋次
出演渥美清 倍賞千恵子 前田吟 吉岡秀隆 後藤久美子 夏木マリ 浅丘ルリ子 池脇千鶴 桜田ひより 美保純 佐藤蛾次郎 北山雅康 笹野高史 出川哲朗 カンニング竹山 濱田マリ 林家たま平 橋爪功 小林稔侍 立川志らく 松野太紀 桑田佳祐
配給 松竹
制作国 日本(2019)
上映時間 116分

(C)松竹株式会社

動画配信で映画を観よう! [PR]

男はつらいよシリーズをみる

男はつらいよ お帰り 寅さん

男はつらいよ HDリマスター版(第1作)

  • Amazon
※2020年3月4日時点の情報です。

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、46件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2022-09-25

BSテレ東の寅さん連続上映のラストを飾る本篇を再視聴した。小説家の設定はレトロな名篇〈オールウエイズ 三丁目の夕陽〉を連想させる。サザエさん風な卓袱台を囲んだドラマ,葛飾柴又のお団子屋そのものが懐かしいんだなあ。回想シーンが現実の家族のホームドラマと交錯するスタイルは映画〈ニューシネマ・パラダイス〉,山田洋次監督の映画愛

最終更新日:2024-02-14 18:09:14

広告を非表示にするには