ゲティ家の身代金 作品情報

げてぃけのみのしろきん

世界一の富豪の孫が誘拐された!実話の映画化

ゲティ家の身代金のイメージ画像1
ゲティ家の身代金のイメージ画像2

1973年、ローマで「世界一の大富豪」と言われる石油王ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された。身代金は1700万ドルという高額だったが、50億ドルの資産を持つゲティにとっては出せない金額ではない。しかし、ゲティは支払いを拒否する。彼はお金のためなら家族も顧みない守銭奴だったのだ。離婚により一族を離れ、息子の身代金を払うお金もない母ゲイルだが、愛する息子を取り戻すために犯人と交渉し、大富豪とも戦う事になる。

「ゲティ家の身代金」の解説

リドリー・スコット監督による新作は、実際の誘拐事件を基にしたサスペンスドラマ。この事件が世界で驚かれたのは、身代金を払っても困らないほどの大富豪が、支払いを拒否した事。誘拐事件そのものよりも、この富豪ゲティ一族の異常さが強く印象付けられた。映画は、誘拐された孫と犯人グループ、大富豪ゲティの生活、そして息子を取り戻そうとする母ゲイルを取り巻く環境を順に映し出していく。なかでも強烈な印象を残すのが、金に執着する冷酷な老富豪の姿だ。このゲティ役だが、当初はケヴィン・スペイシーが配役されており、撮影も終わっていた。しかし全米公開の一ヶ月前にスペイシーはスキャンダルで降板。急遽クリストファー・プラマーを代役として9日間の追加撮影が行われ、公開ギリギリで完成。そんなプラマーのゲティ役は素晴らしく、アカデミー賞助演男優賞にもノミネートされた。

ゲティ家の身代金のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年5月25日
キャスト 監督リドリー・スコット
脚本デビッド・スカルパ
出演ミシェル・ウィリアムズ クリストファー・プラマー ロマン・デュリス チャーリー・プラマー マーク・ウォールバーグ
配給 KADOKAWA
制作国 アメリカ(2017)
年齢制限 R-15
上映時間 133分
公式サイト http://getty-ransom.jp/

(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

DVD・ブルーレイ発売情報

ゲティ家の身代金

ゲティ家の身代金ジャケット写真
発売日2018年9月28日
価格3,800円+税
発売元KADOKAWA
販売元KADOKAWA
型番DABA-5440

1973年、ローマで「世界一の大富豪」と言われる石油王ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された。身代金は1700万ドルという高額だったが、50億ドルの資産を持つゲティにとっては出せない金額ではない。しかし、ゲティは支払いを拒否する。彼はお金のためなら家族も顧みない守銭奴だったのだ。離婚により一族を離れ、息子の身代金を払うお金もない母ゲイルだが、愛する息子を取り戻すために犯人と交渉し、大富豪とも戦う事になる。
【特典】
ケヴィン・スペイシー降板による再撮影の8日間のドキュメント
未公開シーン9シーン
リドリー・スコット インタビュー
キャストについて 実際の人物とキャストを比較・考証
劇場予告編

(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「猫のクロ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-06-02

実話ベースなのでリアリティのある内容なのがよい。ゲティ家の当主はケチな守銭奴として描かれているが、ある意味、富豪とはこうあるべきという姿を体現しており、その言動が的外れではなく理にかなっている面もあるので、なかなか一筋縄ではいかない話である


レビューを投稿する

「ゲティ家の身代金」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-16 00:02:36

広告を非表示にするには