フェリーニのアマルコルド 作品情報

ふぇりーにのあまるこるど

フェリーニにとって生涯忘れ得ぬ一年間

“春一番”の吹いた日の夜、ここ北部イタリアの小さな港町では町中の人々が広場に集い、うず高く積み上げられたガラクタの上に冬の女神の人形をかかげて火をつけ、訪れる春を祝って歌い踊り、騒ぎ明かしていた。十五歳を迎える少年チッタも彼の父も母、おじいちゃんや弟たちと共に祭りに加わった。若者たちは媚をふりまく娘たちをひやかし、大人たちは酒をくみかわす。チッタの憧れの年上の娘グラデスカもいる。何て素晴らしい夜なんだろう。そんな楽しい春を迎える祭りが終わるとやがて夏がやって来る。町中の人たちが数十隻の小船にのり込み小型船団を組むと海へと乗り出す。沖合を通るイタリアの豪華定期船レックス号の晴れの姿を一目見ようと、町長以下の総出で祝福の船団を組んだのだ。

「フェリーニのアマルコルド」の解説

1930年代を舞台にフェデリコ・フェリーニ自身にとって生涯忘れ得ぬ一年間の物語。「アマルコルド」とはフェリーニの故郷である北部イタリアのリミニ地方の今はもう死語になっている言葉で“エム・エルコルド”(私は覚えている)という言葉がなまったもの。製作はフランコ・クリスタルディ、監督は「フェリーニのローマ」のフェデリコ・フェリーニ、脚本はフェリーニとトニーノ・グエッラ、撮影はジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽はニーノ・ロータ、装置・衣裳はダニロ・ドナーテ、編集はルッジェーロ・マストロヤンニが各々の担当。出演はプペラ・マッジョ、マガリ・ノエル、アルマンド・ブランチャ、チッチョ・イングラッシア、ナンデーノ・オルフェイ、ルイジ・ロッシ、ブルーノ・ザニン、ジャンフィリッポー・カルカーノ、ジョジアーヌ・タンツィーリなど。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督フェデリコ・フェリーニ
出演プペラ・マッジョ マガリ・ノエル アルマンド・ブランチャ チッチョ・イングラッシア
制作国 イタリア=フランス(1974)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-12-13

フェデリコ・フェリーニ監督特集の早稲田松竹には本編や映画「カサノバ」の監督のイメージ・デッサン画のカラーコピーが貼られていた…。映画雑誌の記憶から黒白作品のイメージだったがカラー作品なので吃驚!故郷リミニの想い出の自画像風が寺山修司監督作品とも合い通じるんだ。フェリーニ・ワールドの集大成何だろう???

最終更新日:2021-01-14 17:40:12

広告を非表示にするには