ナインイレヴン 運命を分けた日 作品情報

ないんいれう゛んうんめいをわけたひ

アメリカの運命が変わった日

ナインイレヴン 運命を分けた日のイメージ画像1

2001年9月11日、ニューヨーク。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた、実業家のジェフリーと離婚調停中の妻イヴ、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディの5人。突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の38階辺りに閉じ込められてしまう。外部と唯一の通信手段はオペレーターのメッツィーだけ。恐怖と闘いながら外への逃げ道を探す5人が極限状態で下した決断とは…。

「ナインイレヴン 運命を分けた日」の解説

2001年9月11日、NYワールドトレードセンタービルで起きた米同時多発テロ事件をビル内部の視点から描いた舞台「エレベーター」を映画化。主演のジェフリー役を演じたのはニューヨーク出身であるチャーリー・シーン。また、同じくニューヨーク出身のハリウッドの一時代を築いたウーピー・ゴールドバーグ、往年の大女優ジャクリーン・ビセットが見事な存在感で華を添えている。監督は『アイ・ソウ・ザ・デビル~目撃者~』でメガホンをとり、作曲家でもある異色の経歴を持つマルティン・ギギ。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年9月9日
キャスト 監督マルティン・ギギ
出演チャーリー・シーン ウーピー・ゴールドバーグ ジーナ・ガーション ルイス・ガスマン ウッド・ハリス オルガ・フォンダ ジャクリーン・ビセット ブルース・デイヴィソン
配給 シンカ
制作国 アメリカ(2017)
上映時間 90分
公式サイト http://nineeleven.jp/

(C)2017 Nine Eleven Movie, LLC

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2017-09-19

確かに感動的なドラマだった。あの出来事にまつわる逸話は、言ってみれば遭遇した全ての方だけのストーリーがあるんだよな。でもなあ、ちょっとお涙頂だいモノ的な感じが…。この映画見ている最中、70年代に公開された『大地震』というパニック映画を思い出した。その時も、いろいろ問題抱えている人間たちの物語だったな。こういう物語にはありがちなストーリー展開にイマイチ感が。


レビューを投稿する

「ナインイレヴン 運命を分けた日」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-25 00:01:46

広告を非表示にするには