ナラタージュ 作品情報

ならたーじゅ

島本理生の禁断の恋愛小説、実写映画化

ナラタージュのイメージ画像1
ナラタージュのイメージ画像2

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる…。

「ナラタージュ」の解説

2006年版「この恋愛小説がすごい!」1位に輝いた島本理生・禁断の恋愛小説「ナラタージュ」を、恋愛映画の名手・行定勲監督が映画化。高校教師・葉山を嵐の松本潤、ヒロインを有村架純が演じる。(作品資料より)

ナラタージュのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年10月7日
キャスト 監督行定勲
原作島本理生
出演松本潤 有村架純 坂口健太郎 大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地 市川実日子 瀬戸康史
配給 東宝、アスミック・エース
制作国 日本(2017)
公式サイト http://www.narratage.com/

(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.42点★★★☆、12件の投稿があります。

P.N.「みほ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-10-19

二度鑑賞しました。一度目は友人と見ましたが、?なところや、先生の台詞に腑に落ちない点があったので、二度目は一人でじっくり見ました。そしたら深い!台詞そのままに受け取るか、その裏の気持ちを想像するかで、こんなにも感想が違ってくるとは…二度目は涙かあふれて止まりませんでした。ぜひ二度、じっくり見ることをおすすめします。こんな映画は久しぶりです


レビューを投稿する

「ナラタージュ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-19 16:00:02

広告を非表示にするには