ねむれ思い子 空のしとねに 作品情報

ねむれおもいこそらのしとねに

3DCGで紡がれる、ひと時で永遠の親子の絆

ねむれ思い子 空のしとねにのイメージ画像1
ねむれ思い子 空のしとねにのイメージ画像2

産院から自宅に向かう車の中。生まれたばかりの赤ちゃん織音を連れた里美と保典は、希望に胸を膨らませていた。しかし突然の事故が家族を襲う。織音は両親を失い、たった一人残されることになった。19年の時が経ち、成長した織音はある事件で警察に追われる身となっていた。逃亡を続ける織音に接触してくる“組織”のエージェント・蒼嶋ユリ。逃亡の手助けと引き換えにユリの要求をのんだ織音は、ある実験用宇宙ステーションへと連れて行かれる。なぜか織音しか入れないという無人の宇宙ステーション。その奥で織音を待っていたのは、19年前の事故当時のまま、20歳の姿をした母、里美だった。

「ねむれ思い子 空のしとねに」の解説

アニメクリエイター栗栖直也が、企画2年・制作5年の歳月をかけ、ほぼ一人で作画を行った3DCGアニメ。恋愛をテーマにした『文使』、結婚がテーマの『Turquoise Blue Honeymoon』に続き、親子をテーマにした本作は1つの集大成と位置付けて制作された渾身の作品だ。2014年の完成以来、世界各地の映画祭やイベントで上映され注目を集めている。成長した織音役を「龍が如く」「The Wonderful 101」の福島央俐音、母親役を「ああっ女神さまっ」の井上喜久子、エージェントの青嶋役を「攻殻機動隊」の田中敦子ら、豪華キャストが集結している。(作品資料より)

ねむれ思い子 空のしとねにのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年8月6日
キャスト 監督・脚本・編集・CG栗栖直也
声の出演福島央俐音 井上喜久子 田中敦子 平田広明 木島隆一 石黒千尋 松田健一郎 槇瀬さとる
配給 インターフィルム
制作国 日本(2014)
年齢制限 PG-12
上映時間 50分

(C)2014 Naoya Kurisu / Hand to Mouse.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ねむれ思い子 空のしとねに」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-12-03 00:01:44

広告を非表示にするには