彼岸島 デラックス 作品情報

ひがんじまでらっくす

ベストセラーコミックを実写映画化

彼岸島 デラックスのイメージ画像1
彼岸島 デラックスのイメージ画像2

絶体絶命の島、彼岸島。宮本明は彼岸島へ行ったきり行方不明になっていた兄・篤を探すべく仲間を引き連れて彼岸島に乗り込むが、圧倒的な数の吸血鬼と超巨大な邪鬼たちを前に絶望し、島から逃げ帰る。それから一年後。明たちは島に残された兄・篤を救出すべく仲間とともに再上陸する。島はさらに多くの吸血鬼や邪鬼で覆い尽くされ、吸血鬼の頭首・雅によって支配されていた。雅を倒すために特訓を重ねる明たち。吸血鬼と戦うレジスタンスとそのリーダー・師匠とともに村に隠された雅の動きを封じる特効薬「501」ワクチンを手にいれるため遂に始動するが、新たな超巨大モンスター・邪鬼の数々が彼らの行く手を阻む。そんな絶体絶命の明の前に兄・篤が現れ……。

「彼岸島 デラックス」の解説

松本光司のベストセラーコミックを実写映画化。2013年に放映されたテレビドラマ「彼岸島」を格段にスケールアップさせ、恐怖倍増、迫真のアクション、ド迫力の映像、すべてにこだわり抜かれている。主人公の宮本兄弟を演じるのは、ドラマ版に引き続き白石隼也と鈴木亮平。監督は『猫侍 南の島へ行く』の渡辺武。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年10月15日
キャスト 監督渡辺武
原作松本光司
出演白石隼也 鈴木亮平
配給 松竹メディア事業部
制作国 日本(2016)
年齢制限 PG-12

(C)2016「彼岸島」製作委員会

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:1点☆☆☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「猫のクロ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2016-10-23

原作のファン、アニメ版のファン共に満足出来ない作品だった。1800円払っていたから最後まで観たが、招待券だったら半分も観ないで退出していた。映画版の前作を気に入ってる人以外にはオススメ出来ない

最終更新日:2021-04-19 13:32:35

広告を非表示にするには