だれかの木琴 作品情報

だれかのもっきん

心が囚われ求めあう、男と女のサスペンス

だれかの木琴のイメージ画像1
だれかの木琴のイメージ画像2

親海小夜子は警備機器会社に勤める夫・光太郎、娘のかんなと3人で暮らす、ごくありふれた平凡な主婦。彼女は初めて訪れた美容院で、スタイリストの山田海斗にヘアカットをしてもらう。その夜、小夜子の携帯に海斗からの営業メールが来たので、軽い気持ちでお礼のメールを返信する。その時、自分でも理解できないくらいの感情が芽生え始める。徐々に海斗に対しての執着が強くなり、ストーカーまがいの行動がエスカレートしていく。

「だれかの木琴」の解説

ふとした心の隙間に入って来た若い美容師の男に、どうしようもなく心が惹かれていく─。常軌を逸した強い執着から、ストーカー行為を繰り返すごく普通の主婦と、そんな女の飢餓感を見つめる男の想いが捩じれあう事で生まれた、大人の男女のサスペンス。直木賞作家・井上荒野の小説を映画化したのは、『もう頬づえはつかない』や『ザ・レイプ』、『わたしのグランパ』など女性映画の傑作を多数手がけた東陽一監督。常盤貴子が、少しずつ道を踏み外していく狂気と、膨らんでいく妄想をリアルかつエロティックに演じている。一方、美容師の青年を演じるのは、出演作が目白押しの池松壮亮。普通の人とストーカーの境目とは何か、考えさせられる。

だれかの木琴のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年9月10日
キャスト 監督・脚本東陽一
原作井上荒野
出演常盤貴子 池松壮亮 勝村政信 佐津川愛美 山田真歩 岸井ゆきの
配給 キノフィルムズ
制作国 日本(2016)
上映時間 112分

(C)2016『だれかの木琴』製作委員会

手軽に動画で視聴する

DVD・ブルーレイ発売情報

だれかの木琴

だれかの木琴ジャケット写真
発売日2017年3月8日
価格4,700円+税
発売元東映ビデオ
販売元東映ビデオ
型番DSZD-8170

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「だれかの木琴」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-29 13:25:58

広告を非表示にするには