パリ3区の遺産相続人 作品情報

ぱり3くのいさんそうぞくにん

愛ゆえに傷ついた魂が辿り着く場所

パリ3区の遺産相続人のイメージ画像1

亡父の遺産を相続するためにニューヨークからパリへやって来たマティアス。離婚歴3回で、家族も財産もなく、遺産を処分して借金を清算し、人生を仕切り直す心づもりだ。ところが、遺されたアパルトマンには元の所有者である老婦人マティルドが住んでいた。フランス独特の不動産売買制度「ヴィアジェ」によって、彼女が生きている限り売却できず、しかも毎月一定額を年金のように支払い続ける義務がある事がわかる。

「パリ3区の遺産相続人」の解説

父親に愛されなかった不幸な子ども時代の記憶を抱えたまま大人になった主人公は、異国の地パリで、疎遠だった父の過去を知り、人生と愛について思いを新にする。名作『いちご白書』の脚本家であり、ベテラン劇作家でもあるイスラエル・ホロヴィッツが自身の舞台劇を映画化し、監督デビューを飾った。演じるのは、『ワンダとダイヤと優しい奴ら』のケヴィン・クライン、「ダウントン・アビー」のマギー・スミス、『イングリッシュ・ペイシェント』のクリスティン・スコット・トーマスという達者な面々。辛辣でウィットに富んだセリフの応酬は絶品だ。軽妙なコメディから家族再生の物語にドラマチックに展開する逸品。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年11月14日
キャスト 監督・脚本イスラエル・ホロヴィッツ
出演ケヴィン・クライン マギー・スミス クリスティン・スコット・トーマス ドミニク・ピノン ノエミ・ルボフスキー ステファン・フレイス
配給 熱帯美術館
制作国 イギリス=フランス=アメリカ(2014)
上映時間 107分

(C)2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting Corporation. All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ポテコ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2015-10-02

古き良きものを維持していく大変さ、大切さを実感。

最終更新日:2019-10-17 11:55:47

広告を非表示にするには