薔薇の標的('72) 作品情報

ばらのひょうてき

数奇な糸に繰られながら青春を賭ける男女

日野昭は異常なほど銃の魅力に取りつかれた男だ。メキシコ・オリンピックではフリーライフルで上位入賞もした。しかし、一年前、会社の射撃部の同僚が爆発事故で死んだため昭に殺人容疑がかかり、不起訴になったものの社会的生命は抹殺されてしまった。そんな昭をマイク・立花という男が見つめていた。彼は暗殺者を求めていたのだ。昭は恰好の素材だった。昭は久しぶりに手にしたフライフの魅力に酔った。昭をアマチュアの射手からプロの暗殺者に仕上げるための訓練が始まった。ある日、昭は動く標的を射たされた。それは人間だった。昭は立花の命令で何人かの男を狙撃した。その中にアメリカのニュース・カメラマン、ロバートがいた。昭は香港の路上で彼を射殺したが、倒れたロバートに駈けよる美しい女、季玲玲の姿を銃のスコープの中から見た。

「薔薇の標的('72)」の解説

冷たく光る銃に魅せられた非情な殺し屋と、彼に恋人を狙撃された可憐な中国娘。数奇な糸に繰られながら青春を賭ける男女の姿を描く。脚本は「凄い奴ら」の白坂依志夫と新人桂千穂。監督も同作の西村潔。撮影は「誰のために愛するか」の原一民がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督西村潔
出演加山雄三 チェン・チェン 岡田英次 トビー門口 加瀬英明 ロルフ・ジェサー
制作国 日本(1972)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「薔薇の標的('72)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-01-13 00:01:05

広告を非表示にするには