生きている狼 作品情報

いきているおおかみ

井田探が監督したアクションもの

大正末期、吉原へぶらりとあらわれた山口明夫は、口入屋の手で遊郭に売られた妹の早苗を捜していた。宮本組が仕切るこの伝統ある遊郭も、女郎の悲惨な姿だけは、目を被うものがあった。人身売買が公然と行われ、口入屋“丸徳”の六造や銀次が生娘を宮本に売りつけていた。明夫は、そんな女の一人、お信を知ってから、一層、怒りがこみあげてきた。やがて、吉原でも、足抜きが流行った。おいらんの刺青をして、腕っぷしの強いこの男は、女郎たちの英雄となった。この男こそ、実は流しに扮した明夫だった。

「生きている狼」の解説

小山崎公朗と井田探が共同で脚本を執筆「こんにちは赤ちゃん(1964 井田探)」の井田探が監督したアクションもの。撮影は「姿なき拳銃魔」の中尾利太郎。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督井田探
出演小林旭 長内美那子 笹森礼子 芦田伸介 二本柳寛 草薙幸二郎 佐野浅夫
制作国 日本(1964)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「生きている狼」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:20:14

広告を非表示にするには