バンクーバーの朝日 作品情報

ばんくーばーのあさひ

カナダに実在した日系移民野球チームの記録

バンクーバーの朝日のイメージ画像1

1914~1941年まで、カナダ・バンクーバーに実在した日系カナダ移民の二世を中心とした野球チーム。地元のアマチュアリーグに参戦し、サムライ野球の原点とも言える盗塁やバント、ヒットエンドランを駆使したスモールベースボールでカナダ人野球チームを打ち破り、西海岸リーグのチャンピオンとなった。白人からも熱狂的に支持されるようになった“バンクーバー朝日”は人種間の壁を超える象徴となったが、1941年の太平洋戦争勃発に伴い、“敵性外国人”となった選手と街の人々は強制移住されてしまう……。

「バンクーバーの朝日」の解説

2003年、カナダのトロントにおいて、ある野球チームが最高の名誉であるカナダ野球の殿堂入りを果たした。そのチームの名は“バンクーバー朝日”。戦前のカナダ・バンクーバーで、差別や貧困の中にあってもフェアプレーの精神でひたむきに戦い抜き、日系移民に勇気と誇り、そして希望を与え、さらには白人社会からも賞賛と圧倒的な人気を勝ち得た。そんな伝説の野球チームの創設から100年。実際の記録をもとに、戦前の日系移民の壮大なドラマを描く。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年12月20日
キャスト 監督石井裕也
脚本奥寺佐渡子
出演妻夫木聡 亀梨和也 勝地涼 上地雄輔 池松壮亮 高畑充希 宮崎あおい 貫地谷しほり ユースケ・サンタマリア
配給 東宝
制作国 日本(2014)

(C)2014「バンクーバーの朝日」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3.4点★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「役者の無駄遣い」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2017-03-16

当時、映画館で見た事を後悔した最悪の映画です。同時期に公開された台湾の野球映画と比べると、脚本も演出も酷すぎて驚いた。

最終更新日:2017-03-21 16:01:33

広告を非表示にするには