繕い裁つ人 作品情報

つくろいたつひと

一生着続けられる洋服を、あなたのために

繕い裁つ人のイメージ画像1

神戸の街を見渡す坂の上にある南洋裁店は、先代が作った洋服の仕立て直しやサイズ直しをメインに、先代のデザインを流用した新作を少しだけ作って卸している。デパートの服飾担当をしている藤井は、南洋裁店の洋服に魅せられ、ブランド化を持ちかけていた。二代目の店主・市江は洋裁の腕は確かだが、それ以外のことは何もできない30代の独身女性。藤井は何度も市江のところに出向くが、いっこうにブランド化を承諾してくれずにいた。

「繕い裁つ人」の解説

ファストファッション全盛のこの時代に、“自分のために作られた洋服”を着るということのぜいたくさ、素晴らしさを教えてくれる一作が登場した。中谷美紀演じる主人公の市江は、祖母の作った洋裁店で、一代目の祖母の作った洋服の仕立て直しなどをメインに仕事をしている。そんな市江のもとに、市江の作った洋服を販売したいというデパートの服飾担当者が現れ、市江は“自分が本当はどうしたいのか”を見つめ直すことになるのだ。池辺葵の同名コミックスを映画化したのは、『しあわせのパン』『ぶどうのしずく』などで職人のこだわりを描いて来た三島有紀子監督。市江の仕立てる洋服、洋裁店の美術など、細部までこだわりの詰まった一作となっている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年1月31日
キャスト 監督三島有紀子
原作池辺葵
出演中谷美紀 三浦貴大 片桐はいり 黒木華 杉咲花 中尾ミエ 伊武雅刀 余貴美子
配給 ギャガ
制作国 日本(2014)
上映時間 104分

(C)2014「繕い裁つ人」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2.5点★★☆☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「r」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2015-05-14

「人」の見える服を…と言うけれど、まったく「人」の見えない映画でした

最終更新日:2019-10-09 14:29:33

広告を非表示にするには