ティファニーで朝食を 作品情報

てぃふぁにーでちょうしょくを

オードリーの魅力いっぱいのラブストーリー

ティファニーで朝食をのイメージ画像1

ホリーはニューヨークのアパートに、名前のない猫と住んでいる。ホリーの願いは“ティファニー”のようなところで暮らすこと。ある夜、酔っ払いから逃げてポールの部屋の窓から入ってきたホリーは、ポールに夢や自分の兄のことを語る。そのまま眠りこんでしまった彼女に、ポールは興味を抱く。テキサスから夫が迎えにきても、ホリーは素気なく追い返した。一方、ポールもパトロンの女と手を切った。そんなとき、彼の短編が50ドルで売れて……。

「ティファニーで朝食を」の解説

ニューヨーク5番街ティファニー宝石店。誰もいない早朝、黒いイブニング・ドレスを着た美しい女がショーウィンドウを眺めながらコーヒーをすする。オードリー・ヘプバーンの全作品中最もエレガントに都会的なモダニズムを表現した名場面で始まる本作は、マンハッタンで大金持ちとの婚活にいそしむヒロインをコミカルに描いたラブコメディー。パリ オートクチュール界の帝王ジバンシィがデザインした衣装を身にまとい、映画音楽の巨匠ヘンリー・マンシーニが作った永遠の名曲「ムーン・リバー」を口ずさむオードリーは、本作で全世界のファッション・アイコンとなった。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年9月28日
キャスト 監督ブレイク・エドワーズ
原作トルーマン・カポーティ
出演オードリー・ヘプバーン ジョージ・ペパード
配給 マーメイドフィルム
制作国 アメリカ(1961)
上映時間 115分

(C)1961 by Paramount Pictures Corporation and Jurow-Shepherd Productions. All Rights Reserved.

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-03-07

この映画をまた観て、とても感動した。これはスクリーンに吸い込まれていく快感があり、何よりも心地良さがあるからだ。私はオードリー・ヘプバーンさんの大ファンなのだ。彼女は美しすぎる。セクシーすぎる。そして彼女は女優として成功しただけでなく、恵まれない子どもたちのために、ユニセフ親善大使の活動をしている。彼女の愛情あふれる一生を思う時、私は胸が熱くなる。それだけにこの映画は決して忘れることができないのだ。何度も観たくなる作品だ。

最終更新日:2021-05-17 13:36:40

広告を非表示にするには