言の葉の庭 作品情報

ことのはのにわ

雨の朝、新緑の中で会うあなたが好きだった

言の葉の庭のイメージ画像1
言の葉の庭のイメージ画像2

高校一年生の孝雄は、雨の日の午前中はいつも学校をサボり、乗り換え駅の新宿で電車を降りて、新宿御苑で時間を過ごしていた。靴職人を目指す彼はいつも新宿御苑の東屋で靴のスケッチを書いていた。ある雨の日、そこでチョコレートをツマミにビールを飲む社会人女性と出会う。梅雨の間毎日のように会っていた二人は、名前も知らないままやがて言葉を交わすようになっていた。やがて梅雨が開け、自然と会う機会が少なくなるが…。

「言の葉の庭」の解説

地雨、夕立、天気雨、豪雨、雷雨…日本には様々な雨を表す言葉がある。監督の新海誠は、日本庭園を舞台に、そんな様々な雨の様子を叙情的に映像化した。靴職人を目指す大人びた少年と人生に傷ついてうまく歩けなくなった女性の交流を、庭園の緑ときらめく雨の雫の中で優しく描いている。“孤悲(こい)”を描きたいという監督の思いが込められた「雷神(なるかみ)のすこし響(とよ)みて降らずともわれは留らむ妹し留めば」「雷神(なるかみ)のすこし響(とよ)みてさし曇り雨も降らぬか君を留らむ」という万葉集の和歌のやり取りも、切なく美しい。二人の物語を彩るKASHIWA Daisukeの曲も素晴らしく、雨の午前中が楽しみになるような作品。

言の葉の庭のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年5月31日
キャスト 監督・原作・脚本新海誠
作画監督・キャラクター・デザイン土屋堅一
声の出演入野自由 花澤香菜 平野文 前田剛 井上優 潘めぐみ 小松未可子
配給 東宝映像事業部
制作国 日本(2013)
上映時間 46分

(C)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「真浦塚真也」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-07-23

映像美、情緒的表現、ストーリー、どれをとっても素晴らしい。良い作品を観ることができました。


レビューを投稿する

「言の葉の庭」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-14 11:09:51

広告を非表示にするには