白い魔魚 作品情報

しろいまぎょ

舟橋聖一の同名の小説を中村登が映画化

岐阜の紙問屋の娘綾瀬竜子は東京のある大学の学生であった。彼女は同級の重岡種夫に仄かな愛情を感じていた。竜子は自動車事故がもとで篠宮商事の未亡人社長紫乃を知った。亡夫が芸者雪弥に生ませた子供のことで悩む紫乃には竜子の明るさが羨ましかった。紫乃の若いツバメ吉見は竜子の学校の先輩であった。ある日、故郷の母の手紙で竜子は家が破産しかかっているのを知り急ぎ帰郷した。債権者の一人青木は家の再建を条件として竜子に結婚を申し込んだが、返事一つで破産から立ち直れるかも知れないと考えた竜子は諾否を俄にいわなかった。竜子を案じた紫乃は、吉見をつれて長良川の鵜飼見物かたがた見舞いにやって来た。

「白い魔魚」の解説

朝日新聞に連載された舟橋聖一の同名の小説を、「泉」の松山善三が脚色し、「君美しく」の中村登が監督した。撮影は「駄々っ子社長」の生方敏夫。主な出演者は「女の足あと」の有馬稲子と石浜朗、「ここに幸あり (二部作)」の川喜多雄二、「青空剣法 弁天夜叉」の高峰三枝子、「続へそくり社長」の上原謙、「たぬき」の浅茅しのぶなど。色彩はイーストマン松竹カラー。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中村登
出演有馬稲子 石浜朗 高峰三枝子 川喜多雄二
制作国 日本(1956)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「白い魔魚」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-06-10 00:01:46

広告を非表示にするには