視線の向こうに 作品情報

しせんのむこうに

人権について問う「視線シリーズ」第5弾

【歯二つ】少年と脱北者の少女との恋を引き裂く周囲の偏見。【ニマ】外国人女性の同僚を疎ましく思っていた韓国人が、やがて彼女の親切心に感化されある行動を起す。【百問百答】性的暴行の被害を受けた女性が孤立無援で加害者と警察と闘わざるを得ない姿を描く。【バナナシェイク】普段は外国人同僚と言い争いながらも、窃盗の疑いをかけられた彼を庇う男を描く。【真実のために】妻の入院する病院で大金の入った鞄を無くした夫。彼は病院に防犯ビデオの映像を公開するように求めるが、病院側はカメラが故障していたと言いだし…。

「視線の向こうに」の解説

韓国国家人権委員会製作による、人権について愉快に問いかける「視線シリーズ」第5弾。メディアやインターネットを通じて認識する社会的な差別や偏見による視線の暴力をテーマに5人の監督が風刺を込めて描いたオムニバス映画。監督は、カン・イグァン、プ・ジヨン、キム・デスン、ユン・ソンヒョン、シン・ドンイル。出演は、パク・チョンウク、キム・ヒョンジュ、パク・ヒョックォン、チョン・ジェウン、シム・イヨンほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督カン・イグァン プ・ジヨン キム・デスン ユン・ソンヒョン シン・ドンイル
制作国 韓国(2010)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「視線の向こうに」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:11:08

広告を非表示にするには