くノ一化粧 作品情報

くのいちけしょう

中島貞夫が監督した忍者もの

慶安四年、由井正雪、丸橋忠弥を中心にした幕府転覆計画は失敗に終った。老中松平伊豆守は由井正雪の動きを早くから察知し、その資金源を、老忍者服部半助に探らせていた。その結果、豊臣家が遺した巨億の財宝がかくされていることを知った。そして、その在りかを解く鍵は、豊臣家の恩恵を浴した大友忍者六人のくノ一が胎内に秘めた六個の鈴であった。鈴を強奪せよという伊豆守の命を受けた、天草扇千代を首領とする、道忍、狂念、兵部、鞭馬、水阿弥ら六人の鍔隠れの忍者は、くノ一の住む長崎に向った。しかし彼等の動きは、早くもくノ一の首領天姫の許にも伝わった。天姫を中心に、もみじ、お志乃、お珠、夕心尼、お貞の六人は鈴の死守を誓った。

「くノ一化粧」の解説

山田風太郎原作“外道忍法帖”を「くノ一忍法」の倉本聰と中島貞夫それに金子武郎が共同で脚色、中島貞夫が監督した忍者もの。撮影もコンビの赤塚滋。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中島貞夫
出演露口茂 西村晃 小沢昭一 脇中昭夫 芦屋雁之助 加藤武 春川ますみ
制作国 日本(1964)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「くノ一化粧」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:09:15

広告を非表示にするには