The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 作品情報

ざれでぃあうんさんすーちーひきさかれたあい

アウンサンスーチーの知られざる愛の物語

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛のイメージ画像1

1988年ビルマ。英国で幸せな家庭生活を送っていたアウンサンスーチーは病気の母のため久しぶりに祖国に戻り、軍事政権が民主主義運動を武力で制圧する惨状をまのあたりにする。死後も国民から敬愛されるアウンサン将軍の娘であるスーチーに、民主主義運動家たちがリーダーになる事を懇願する。選挙に立候補する事を決意したスーチーだったが、それは軍事政権との長い闘いと、家族とひき裂かれるつらい生活の始まりでもあった…。

「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」の解説

ミャンマーでは急速に民主化が進んでいるが、軍事政権が長く続いていた。民主化運動のリーダーであり、非暴力による民主化と人権回復をめざす闘いを評価され、1991年にアジア女性として初のノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチー。長きにわたる自宅軟禁の中でも、凛とした姿勢を失わなかった彼女の姿は世界的にも注目を集めている。映画では、イギリス人夫との愛、2人の息子たちとの関係、彼らとひき裂かれた生活、夫の死に目にも会えなかった事など、彼女の妻として、母としての部分をクローズアップしている。監督はリュック・ベッソン、スーチーにはミシェル・ヨーが扮し、共演者たちに「スーチーそのものだ」と感嘆されたという。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年7月21日
キャスト 監督リュック・ベッソン
脚本レベッカ・フレイン
出演ミシェル・ヨー デヴィッド・シューリス ジョナサン・ラゲット ジョナサン・ウッドハウス
配給 角川映画
制作国 フランス=イギリス(2011)
年齢制限 PG-12
上映時間 133分

(C)2011 EuropaCorp - Left Bank Pictures - France 2 Cinema

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-05-26 16:36:39

広告を非表示にするには